ただいま勉強中。   

実務が必ずうまくいく 研究主任の仕事術 55の心得

藤本 邦昭/明治図書出版

undefined


こんな本を取り寄せて買いました。
学年の指導とは違うので
この仕事ができるか自信がないのでね(´・д・`)
教科書がわりに…と。

現役の教師の方みたい。
熊本県にある小学校の教頭先生だって。
すげーな、熊本県。


早速、読んでみたところ…。(まだ最初の部分だけ)


重たい(>_<)
重たいよ、研究主任。
そして、つらい。


とか、すぐ言うから教頭に注意されるんだよp(`ε´q)ブーブー
わかってるけど言いたくなるさ。
つか、言わせておくれよ。






子どもの未来を預かる先生たちの舵取り役、とか。
研究主任は、校長の期待を一身に受けている、とか。
「研究主任たるもの、最先端で最高峰の情報や技術を
持ち合わせないといけない」という思いがあった、とか。





…無理。
そんな意識高くできない。
できれば、楽したい。
ダラダラしていたい。


読むのに疲れて、うとうとしたら2時間経ってたわ(笑)
大丈夫か、まめ。
がんばれ、まめ。
謎の重たいプレッシャーに押し潰されそうです。

[PR]

by white-topaz | 2018-04-08 18:31 | 音楽・本のこと | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : https://whitetopaz.exblog.jp/tb/29707516
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by らぶ at 2018-04-08 20:31 x
まめさん、すごい!
頑張ってますね~。
ところで、その人(藤本さん)は熊本の人なんですか?知らないな~。本を書くくらいだから有名な人なんでしょうが・・・・。誰なんだろう。
私は最近「やってるつもりのチーム学校」という本を読みました。よく「チーム○○」って言うけど、チームになるのは、ほんとに難しい。
校内研でも、提案したことをきちんとやる人もいるけどやらない人もいる。(特に若い男)そんな人がいると学力も上がらない・・・・。

しかし、以前いた学校はまさにチームでした。ある意味ものすごい困難校だったのですが、それ故に職員の結束力がハンパなかった。当然、校内研で提案したことも、みんなで取り組み、学力も大幅アップ。
昨夜は、その学校で担任していた子どもたちのママとの定例飲み会でした。楽しかった~。

おっと「昔のあの学校はよかった」なんて考えに陥らないようにせねば・・・。
今年度も研究主任がんばります!
Commented by white-topaz at 2018-04-08 21:13
らぶ さま

私もたまたま読んでいたら出てきたので、著者さんは謎ですが…。

チームって難しいですね…。
言うだけ言って何もしないとか、提案するものすべて却下とか
前任校でやっていたことをそのまま当てはめるとか…
何か、そんな事態になりそう…。
恐い((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

<< くたくた。 新年度だよ。 >>