レミオロメン。   

というバンドをご存知ですか?
今、ドラマで「粉雪」という曲が使われているんですが。

←これ。良いですよ。泣けますよ。切なくなりますよ。
これをものすごく上手に歌える人に出会えたら、
私は、その人に恋をするかもしれないですよ。(笑)

ウソですけど! でも、切なくなるのは本当ですね。

あの、もともとこのバンドを好きになったのは「3月9日」という曲なんですよ。
で、アルバムを買ったら、なかなかよさげな曲が入っているじゃないですか!
私は「ドッグイヤー」がかわいくて結構好きなんですけど。
一度聞いてみてください。

以前に説明したBUMP OF CHICKENもそうなんですが、この人たちは
日本語を大事にする人たちなんですよ。(と色々なところに書いてあった)

大学に入ってから、英語を中心に勉強していたので、その反動(?)で
日本文化とか、そういうのに興味がありまくりなのです。
だから、和室を占領していたり、「日本語であそぼ」(NHK教育)や
再放送の時代劇を見ていたり、狂言も見たり、
京都や和服などにも興味があるのです。 あ。和食も好きだわ。

あと、レミオロメンは山梨出身だから!(笑)
同じ山梨人として応援してあげたくなるんですよ。

そんなわけで、

レミオロメンの神宮司さん(ドラム)のブログ

を紹介して今日は終わりにしたいと思います。
それにしても、何でこの人、ピンクが似合うんだろう・・・。
[PR]

# by white-topaz | 2005-12-13 22:33 | 音楽・本のこと | Trackback | Comments(0)

愛とはなんぞや?   

 というのも、最近、こんな言葉を聞きましてね。

 「愛は人を幸せにするものじゃないの?」(多分、こんなの)
 
 「う~ん・・・。本当にそうなのかなぁ。」
 その言葉に、すんなり納得出来ない自分がいたのですよ。

 確かに、愛は人を幸せにすることができるし、
 それによって救われる人もいるでしょう。
 その人にとっては、「愛」というものは、そうであってほしいものなんだろうね。
 でも、人を不幸にだってできるんだよ。
 「愛」を理由にして、人を傷つけたりもできる。

 ・・・なんて思ったわけですよ。 結局、受け取り方次第。
 だから、簡単に「幸せ」とか言えないんじゃないかなぁ。
 というわけで、その人にはこんな風に答えました。

 「愛は、時に人を苦しめることもあるけれど、
      その分、人を強くさせることができる思いますよ。」


 相手をどこまで信じられるか。 自分自身をどこまで信じるのか。
 愛って、そういう気持ちの積み重ねなんじゃないですかね?

 ・・・なんて、ぐるぐる悩んで書いてみましたが、
 ご意見、ご感想をお待ちしております(結構本気)
[PR]

# by white-topaz | 2005-12-12 21:36 | 考えごと | Trackback | Comments(2)

宣伝。   

 ご本人から許可をいただいたので、宣伝したいと思います。

 おそらのうえで。
 最近、こちらによく遊びに行かせてもらっています。
 *栗李*さんという方が作ったステキなお話がそこにはあるんですが
 とても、癒されてもらっています。(笑)

 一つ一つのお話がとてもほのぼのしててかわいいのよ!
 全部お気に入りなんだけど、思い入れがあるのは*消しゴム*かな。
 「似たようなこと、やったよ~。」とか思っちゃったんですよ。
 みんな、やったことあると思うよ~?

 で、この*栗李*さんという方が私より年下なのに、
 見習うところがいっぱいあるんですよ。
 色々なことに悩んで、しっかり自分で答えを出せるところとか。
 それでもって、お話同様、ほのぼのしていてナイスキャラ(?)であったり。

 「よく行くページ」のところにも貼ったので、ぜひ遊びに行って癒されて!
 ちなみに、私は彼女の日記から目が離せません。
 がんばれ、*栗李*さん!!
[PR]

# by white-topaz | 2005-12-11 21:21 | 日常のこと | Trackback | Comments(2)

supernova / カルマ   

BUMP OF CHICKEN というバンドがすごく好きです。

「天体観測」のあたりから、きっと好きだったんだろうけど
何かの音楽番組に出たときにあまりに4人が暗すぎて(笑)
「アルバム(jupiter)、買うのやめるかぁ・・・」とか思ったんですよ。

本格的にはまったのは去年(かな?)のアルバム「ユグドラシル」ですね。
「隠しトラック」がツボでした。(全てのCDについています)

さて、supernovaですが、最初にラジオで聞いたときは(しかも後半のみ)
「バンプっぽい・・・けど・・・こんなのがバンプの曲でたまるかー!」
(バンプファンのみなさん、ごめんなさい。)
と拒否。 でも、色々なところで聞くにつれて
「う~ん・・・なかなかいいかも。」→「やっぱ藤原さんだよね!」
→「supernova最高!!」 というお決まりのパターンで好きになりました。
聞く人によっては「サビがどこにあるのかわからない」という感想も
あるらしいですが、いい曲ですよ。

カルマ は何かのゲームの主題歌になっているんですよね。
なかなかスピード感が溢れていてステキです。
でも、この曲3分30秒ぐらいなので、すぐに終わってしまうのが残念。
ま、何回も聞きますけどね!!

今回のCDにも「隠しトラック」があるはず。 これはおもしろいですよ。
[PR]

# by white-topaz | 2005-12-10 18:28 | 音楽・本のこと | Trackback | Comments(4)

カラオケ。   

f0015027_1757913.jpg昨日は久々に友達とカラオケへ行きました。
で、この写真。
(すいません、かなり見づらいです)

日付が変わる0:00ちょうどに退室予定だとは!
珍しいので、思わず撮っちゃいました。

カラオケへ行くといつも歌うのはジャニーズ系ばかりです。
あっ!でも昨日は頑張って他の歌も歌いました。
aikoとかWaTとか。(あと何だっけ?)
それでもキンキが一番多かった…。
何曲歌ったんだろ?5,6曲ぐらい?
熱烈なファンと思われたな、きっと。
つっこまれたもん。
「またキンキ~!?」って。

そこで、ここはぜひ訴えさせてください。
「キンキは嫌いじゃないですが、ものすごいファンでもないです。」
普通のファンです。 はい。
[PR]

# by white-topaz | 2005-12-10 17:29 | 日常のこと | Trackback | Comments(0)

文字。   

 どなたかのブログで、「文字の美しさ」がいかに大切か、ということが
 書いてありました。
 字がきれいな人は、きれいにノートをまとめ、更に成績も上がる、とか。
 (うろ覚えですいません・・・)

 最近の女子の文字はひどいですよ。
 「や」が一瞬「め」に見えたほどひどい。
 (手書きじゃないと伝わらないのが悲しい・・・)

 あと、「私は」 の 「は」 の部分が 「わ」 になっていたり。
 見苦しい。

 先生に提出するノートでも、ワークでもプリントでも
 携帯で使うような絵文字?を平気で使うのですよ。
 その根性がすごいと思う。

 でも、見ていてアホらしいので、せめて大人に
 見せるものはきちんとした読みやすい字で書いてもらおう。
 とりあえず、明日から 誰が読んでも読みやすい字 
 を指導していきたいと思いました。

 まったく、自分が読めれば良いやっていう字ばっかり書いていると
 自己中心的な性格になっちゃうんだから!
 嫌われるのは自分だぞ~!!
[PR]

# by white-topaz | 2005-12-08 22:51 | 学校のこと | Trackback | Comments(0)

恋涙。   

 最近、KinKi Kids の H album を買いました。
 で、とても気に入ったのがタイトルにある 「恋涙」。

 この歌、  作詞→ 堂本 剛    作曲→堂本 光一 になっています。
 女性側から書かれている(と思われる)歌詞は、剛さんの特徴ですよね。
 バラード・・・ではないんですけど、なぜかとても切ない感じになっています。
 初めて聞いたとき、ちょっと泣きそうになったくらいです。(笑)

 作詞→ 剛さん  作曲→光一さん  の組み合わせは、とても好きです。
 f album に収録されている 「愛のかたまり」も、この組み合わせの曲です。
 アルバムのアコースティックバージョンでしか聞いたことはないんですが
 歌詞に合った切ない感じになっています。 すばらしいです。

 で、この「恋涙」ですけども、考えさせられたのは、歌詞の中にある
 「大丈夫 恋は 様々が 育てるものよ」  ですかね。 
 いわれてみれば、確かに恋愛っていろんな感情(不安、喜び、嫉妬など)で
 「育っていく」よねぇ、と思ってみたり。

 「恋涙」 を 一文字変えれば 「恋愛」 になるじゃないの!
 すごいよ、剛さん! ここまで考えていたなんて!!
 と驚いてみたり。

 この歌詞にこういう曲をつけた光一さんのセンスに拍手をしたくなったり。
 (両方とも好みのメロディーなんで)

 ジャニーズだから・・・と敬遠せずに、とにかく1回聞いてみてください。
[PR]

# by white-topaz | 2005-12-07 22:50 | 音楽・本のこと | Trackback | Comments(0)