<   2009年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧   

いーやーだー。   

まめ。の目の前に座っている先生(昨日も出てきた)が
ふと、思い出したようにいいました。

 先生: あ、まめ。先生。
まめ。: はい、何でしょう?
 先生: 何か授業で使ってるワークシートとか持っていますか?
まめ。: ・・・?一応、ファイルにありますけど。
 先生: 本当ですか!? じゃあ、それ、提供してください!
まめ。: ・・・何でですか。

・・・何か、授業実践に関わるものを提出するんだってさ。
でも、なかなか出てこないから困ってるらしい。

 先生: そんなわけで、何か提供してください。
まめ。: え・・・えー・・・。

気が進まないこと、この上なしですよ。
だって、何年か前にも出してるんだもん。

だってさぁ。
[PR]

by white-topaz | 2009-10-29 23:08 | 学校のこと | Trackback | Comments(0)

まめ。のプライベート。   

何故か、そのとき職員室にいた先生は、まめ。の
近くの席の先生ばかり。
そんなわけで、ぶっちゃけ!?トークが。

1人がちょっと年上の女性の先生
もう1人がこの前、まめ。に「病んでる」って言った先生


今の職場でまめ。は、少し素を出しているとは言え
自分のことなんか一切喋っていないのです。
だから、相変わらず謎に包まれているんでしょうねぇ。

先生1: ちょっと、まめ。先生、最近どうよ?
まめ。: ・・・え、何がですか。
先生1: プライベートに決まってんじゃん!
まめ。: プライベート・・・ですか。

まぁ・・・正直、特に何もないんですが。
そんなこと言っても信じてもらえないもんなぁ。
ちょっと答えに困っていると。


先生1: だってさぁ、まめ。先生、「ずっと好きな人がいる」とか言って
     出てきたのがジャニーズなんだもん!

まめ。: いや・・・まぁ、事実ですからねぇ。
先生2: うわー。 まめ。先生って、そういうタイプ?
先生1: ・・・誰だっけ? 嵐?
     関係ないけど、最近ニノは、いいよね。

まめ。: 嵐は浮気相手的な存在ですよねぇ。
     別に本命がいますもん。

先生1: うわぁ!!誰だっけ? KAT-TUN? NEWS?
まめ。: いや、あの、そんな若くないです・・・。
先生2: わかった!関ジャニエイトだ!それかNEWS!
まめ。: いや、NEWSさっき出たから。
先生1: タッキー&翼!
先生2: TOKIO!

・・・全然出てきません・・・。(涙)

それはそれで盛り上がっていたけど。
[PR]

by white-topaz | 2009-10-28 23:55 | 学校のこと | Trackback | Comments(0)

たまには真面目な練習風景。(3年生編)   

アイスの話とかしていないような気もするので
たまには、ちゃんと暗唱大会に向けての
練習風景をお話しなければ。(笑)

暗唱とは言いますが、きちんとストーリーを頭の中に
入れておかなければ、1位は狙えません。
そんなわけで、とりあえず、内容把握。
まめ。の指導はそこからです。

おっと、その前に杉原さんのお話。(ざっくりあらすじ)
まめ。なりの解釈なので苦情とか言われても・・・。(苦笑)

杉原千畝氏は、日本の外務省みたいなところの命令で
ヨーロッパのリトアニアという国の大使館にいました。

当時は第2次世界大戦中で、ユダヤ人がナチスから
逃れるためには、日本経由で外国(どこだか忘れた)に
行くビザが、どうしても必要でした。

しかし、日本政府はビザの発行を却下します。
(ドイツと同盟を組んでたこともあったし?)

悩んだ結果、杉原氏はビザの発行を独断で行ないます。
1ヶ月間書き続けて、6000枚以上のビザを渡しました。
結果的に、多くのユダヤ人を救ったのですが、政府からは
裏切り者と見なされ、その後は苦労したようです。
事実、彼の功績が表になったのも21世紀になってから
・・・のような気がするようなしないような。

イスラエルかどっかで杉原氏に国民栄誉賞並のすごい賞を
与えられ、そこから日本政府も何だかんだで認めていった・・・
ような感じもします。

ちなみに、似たようなことをした人で、ドイツ人の「シンドラー」と
いう人がいます。(エレベーター会社の関係ではない、と思う)
「シンドラーのリスト」という映画もあるのですが。
なので、杉原氏は「東洋のシンドラー」といわれることも
あるそうな。

・・・とにかく、そんな人のお話を県内の3年生は暗記します。

まだ続く。
[PR]

by white-topaz | 2009-10-27 23:28 | 英語のこと | Trackback | Comments(0)

1時間くらい。   

「つらいばかりだね・・・遠距離恋愛」

「そんなことはないよ。
確かに、あなたの声が聞けない時期が続いたときは
少し心が揺れたこともあったけど・・・。
でも、つらいことばかりじゃなかったよ・・・?」


「楽しくないのに続けるのは無理か・・・。」

「楽しくなかったわけじゃない。
でも、それよりも我慢することの方が
多くなったのも事実。
聞いて、私たち・・・」


「本当に終わりなの?」

「・・・うん。
あなただって、薄々気付いていたでしょう?
もうこんな中途半端な関係、
終わらせた方がいいかもしれないね。」


きまずい・・・。
[PR]

by white-topaz | 2009-10-25 23:56 | 音楽・本のこと | Trackback | Comments(2)

ハーゲンダッツ。   

そーいや、暗唱大会を押し付けられたことについて
まだお話してなかったですね・・・。
時間が経ち過ぎてイライラも消えかかってんですが。(笑)

・・・簡単に言うとですね。
やつの代理で行くことになっていたんですよ。
まぁ、それはいいです。自分も練習に関わってたし。
本番は見届けたいなぁ、と思っていたので。

・・・が。
やつが暗唱大会で関わる仕事(司会とか、集計係とかなど)
まで、まめ。が代理でやるってどーなんだ?
とか思いつつ、校長に相談。
そしたら校長、そのことに気付いてなかったみたいで
「そりゃダメじゃん!あいつに言っとくから!」となり
そこは回避されたわけですが。
まめ。が言わなかったら、本当に押し付けられてたんですねぇ。
恐ろしい職場ですよ、今の職場は。

ついでにいうと、校長、やつが英検にも
ノータッチだったことを、そこで初めて知ったようで。
かなり驚いておりました。
・・・ダメすぎだろ、校長。(心の声)
把握してろよ、校長。(続・心の声)
つーか、絶対そこは注意しろよな!!(・・・でも、心の声・笑)

そんなこんなでスッキリした中での暗唱大会の練習。
大会が近づくと、生徒が緊張に勝てなくなってきました。
・・・うん。
それが普通といえば、それまでなのですが。

まだ大会まで日数がある時点で「もーだめだー」とか
言う始末。
こりゃ半端じゃないねぇ。
まぁ、発表順番が最初だからねぇ。
緊張するのも分からなくはないけど。

まめ。: 今からそんな緊張してどーすんだ。
3年生: だってぇ~・・・。 あっ!!
     先生、優勝したら何か買ってくれますか?


ふっ。
[PR]

by white-topaz | 2009-10-25 00:12 | 学校のこと | Trackback | Comments(0)

まめ。に頼んだ理由。   

なかなか疲れているまめ。でございます。
先週の週末は休みがなかったため、思ったよりもしんどいのぅ。
…なんて感じてはいましたが、黙って仕事をしておりました。
まぁ、嵐好きの先生に「生徒に英語を教えてあげてほしい」
と頼まれたので、あっさりOKしましたがね。


頼まれた仕事を終えた後、その先生と話をしました。
仕事を頼んだ理由とかね。

理由は…うん。
単純にあの人に不満があるから。(生徒がね)
「まめ。先生が担当ならいいのに」と言われたほど。
ここまで言われるのって、よっぽどのことよ?
苦笑いをするしかないさ。

ちょっと見ただけではわからなかったけど…


ふぅん…。


そうなんだ…。


それは知らなかった。
明日からは生徒のためにもう少し関わろう、と思ったのでした。
[PR]

by white-topaz | 2009-10-22 22:25 | 日常のこと | Comments(0)

英検監督。   

・・・やりましたよ、英検監督。
ふざけすぎですよね。
「俺がいるところで英検を実施したい」とかほざいていた
先生が、結局は都合かなんかでこれなくなり。
わざわざ日曜日に来てやった、まめ。たちでございます。

この日の試験監督は、3人。
まめ。(実質、まめ。が仕切る羽目に)
もう一人の英語の先生。
来なかった野郎と部活が一緒、というだけで頼まれた
と思われる、国語科の先生。(←今回、1番の被害者。)

前回の記事にも書いた、暗唱大会の練習と平行して
準備を進めてきた英語検定。
そんな中で頑張ってきましたよ。

当日になって、いきなり欠席したやつに関しては。
「・・・ったくさぁ、早めに連絡くれよなー。」 とか。
もらった直後に堂々と問題用紙を開いていたやつには
「開くなって言ってんだろーが!」 と一蹴してみたり。

普段の授業とでは全然違うので、そりゃ生徒も
びっくりでしょーよ。
戸惑っていたのがひしひしと感じられました。(笑)

そんなわけで、英検の解答用紙も無事にクロネコさんに
渡したので、あとは近々行なわれる暗唱大会の準備・・・
ですよ、まったく。
英検・・・本当にまめ。が全部仕切ってたなー・・・。(遠い目)

だって、あの野郎、結果的に英検と暗唱大会、両方とも
まめ。に押し付けたんだもん。
・・・その理由はまた後日、書きたいと思います。
[PR]

by white-topaz | 2009-10-18 22:01 | 英語のこと | Trackback | Comments(0)

英語暗唱大会に向けて。   

他のところでは、わからないのですが
山梨県では、「英語暗唱大会」というものがあります。
ある物語を覚えて、文字通り暗唱する、というもの。
暗記力は勿論、発音やリズム、表現力なども問われます。

ちなみに、2年生の課題文は 「笛吹き権三郎」。
笛吹川という川があるのですが、その名前の由来に
なっている昔話です。
軽くホラーが入ってるんですが。

3年生の課題文は、杉原千畝さんの物語。
当時の日本政府の命令に背いて、6000人以上のユダヤ人に
日本への渡航ビザを発行した人です。
数年前に反町隆史さんがドラマでやった気がします。

1年生は、ないんです。(笑)
何ででしょうね。

毎年、11月の上旬に県大会が行なわれるのですが
そろそろ地区予選の時期。
まめ。も指導に借り出されるわけです。
まめ。が関わるのならば・・・

下手な順位を取らせるわけにはいきません。
予選1位通過を狙います。


・・・が。
正直、3年生の課題文は今回初めて見ます。
というのも、去年から課題文が変更されたから。
その前の課題文なら指導したこともあるのですが・・・。

そんなわけで、正直、どうやって指導したらよいのやら。

そんなわけで。
[PR]

by white-topaz | 2009-10-14 23:23 | 山梨のこと | Trackback | Comments(4)

目撃情報。   

何となく、廊下でぼーっとしていたら
通りすがりの生徒に言われました。

 生徒: せんせーさ、一昨日、〇〇にいたでしょ?
まめ。: 〇〇に?

〇〇とは、某有名ファミレス店。

 生徒: せんせーに似てる人、見たよ。
まめ。: ・・・一昨日って、何曜日だっけ。

とりあえず、確認をするまめ。
まめ。が出かけたのは土曜日で、しかも
ファミレスに入った記憶はないし。

 生徒: 日曜日。
まめ。: ・・だよねぇ・・・。

そりゃ、まめ。じゃないわ。
だって、日曜日は一日中家にいたもんね。

・・・が。
[PR]

by white-topaz | 2009-10-13 21:56 | 学校のこと | Trackback | Comments(0)

個人的見解。   

3連休最終日。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

まめ。は土曜日に少々の買い物に出かけた以外は
完全に引きこもりの生活を送っておりました。
だってさ、今週の土・日は丸一日の休みがないんだもん。

土曜日は、プライベートで午後からでかけるから
その支度や待ち合わせやら何やらで落ち着かないだろうし
日曜日は午前中に英検ですよ。
土曜日の午前中ならギリギリで何とかできるかも・・・って
提案したら、あの野郎が
「俺がいるところで英検をやりたいから」 とか
何とか言いやがって。
だーかーらーさぁ!!
午前中は3年生中心の3級とか監督してやるからよ!
お前は午後に1,2年生中心の級をやりゃいーだろーが!
ダブル受験もいねーしよ!!
日曜にやるなんてめんどくさすぎて来られっか!!

と言おうかと思ったけど、もー何かめんどくさくなって
そのままにしておきました。

*注意*
ここからは、今までまめ。が出会った英語科の人たちを
中心に考えた個人的見解です。
「・・・ってな人が多い」 ってだけなので
全ての人に当てはまるわけではありません。
気分を害してしまったら、申し訳ないです。
むしろ、英語教師関係の人は読まない方が得策かと。

関係ないけど。
[PR]

by white-topaz | 2009-10-12 22:33 | 考えごと | Trackback | Comments(2)