<   2008年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧   

この時期、先生たちの頭を悩ませるもの。   

・・・ってタイトルの記事を見つけたので、ひさびさにトラックバック。
ちょこちょこ省略させてもらいます。



2002年度から学習指導要領が改訂され、評価方法が
大きく変わったことはご存知の人も多いかもしれない。
具体的にいうと、それは、集団の中でどのくらいの位置にいるかを
示す「相対評価」から、個人が学習内容をどの程度達成できたかを
示す「絶対評価」に変わったということ。
これには個人の頑張りを見てもらえるというメリットがある一方で
「内申点のインフレ化が進んで5段階評定の5が急増した」
「差がつきにくく、内申書軽視になる」
などの反対の声もけっこうあるわけだが、実際、評価する教員たちの
作業量にも大きな影響が出ているのだという。

「絶対評価に変わったことで、成績処理がものすごく大変になりました」
というのは、都内の中学校の教諭。
「これまでは上位○%が5で、△%が4で……と決まっていたので
処理が楽だったけど、絶対評価の場合は全員5でも良いわけですから」
そのどこが大変なのかと言うと……。
「通知表の評価は入試にも使うものなので、当然、単純にみんな5
というわけにはいきませんよね?
でも、『絶対評価』が導入されたことによって、『なんでですか?』
『どこが足りないんですか?』『自分は頑張ったのに』など、本人や
保護者からいちいち問い合わせがくるんです。
教師には成績の『説明責任』がありますから、これにすべて対応して
いかないといけないんですよ」

また、別の中学校教諭も言う。
「絶対評価は達成度に対してのものだけに、『全員5でも良い』と
保護者も思っているので、5じゃないというだけで文句がきます。
自分の子どもが努力しているかどうかは棚に上げて
説明を求めてくるんですよ」

さらに、これまでは教師がもっているだけだった「観点別評価」を
保護者に渡す通知表に記すようになったことも、煩雑さに
つながっていると言う教諭もいる。
「たとえば、国語だったら、『読む』『書く』『聞く』『話す』のそれぞれの
観点別に、A、B、Cを出すようになっています。
それも、事前に説明しないと後で苦情が来るので
『この作文を提出したら10点』など、評価の対象になるものを
すべて知らせておくんですよ。」


確かに。
[PR]

by white-topaz | 2008-06-29 23:04 | 考えごと | Trackback | Comments(2)

足が遅い。   

体育で、生徒たちが走っていました。
授業の後、体育の先生が一言。

 先生: いや~・・・参った!!
まめ。: 誰が走ってるか分からないから、とりあえず
      遅いのがうちのクラスだな、と思ってました。(笑)

 先生: うーん・・・。あのまま走っても、クラス対抗リレーをすれば
      ビリにはならないんだよね。
      でも、「1番じゃなきゃ嫌だ」って言うんだよ。
      足の速さよりかは、団結力で勝負したいねぇ。

まめ。: ・・・リレーで1番はどー考えても無理だろな。

まめ。クラスには確実にいないんですよ、速く走れる人が。
まぁねぇ・・・マイペースな人たちだし。
むしろ、どー見ても遅い人たちが集まってるくらいだし。
まめ。もリレーには実はそんなに期待してないし。(笑)

・・・いや、言ってないよ? 思ってるだけで。

うんうん。
[PR]

by white-topaz | 2008-06-28 22:41 | 学校のこと | Trackback | Comments(0)

ポテトの時代だ。   

現在、まめ。家にはたくさんじゃがいもがあります。
母親が友達から貰ってきたらしいんですけど。
それが、3人。
そして、どこもジャガイモの当たり年だったらしくたくさんもらい・・・


・・・現在。

まめ。家にはダンボールにめーいっぱい入った
ジャガイモがあります。
まめ。はジャガイモが好きなんですけどね。
流石に、こんなにあるとちょっと焦る。(苦笑)


・・・まぁ、そんな前振りは置いといて。(置いとくの?)


うちのクラスにはポテト君(仮)がいます。
彼は、小さいながらよく働き、まめ。もとっても助かってます。
だからといって、嫌味なくみんなに指示を出せて、みんなにも
好かれている存在・・・それがポテト君です。

なぜポテト君か・・・。
何となく?(笑)
いやいや、彼がポテト好きだと今日知ったので。

まさに、まめ。の右腕!と言ってもいいくらい。
彼がいるのといないのとでは、かなり違う!
(主にまめ。のテンションが)

だからね。
[PR]

by white-topaz | 2008-06-24 21:33 | 学校のこと | Trackback | Comments(0)

何か・・・シブすぎだろ。   

ある日の給食の時間。
その日の給食のメニューの話から、好きな食べ物とか。
そんな話をしてたんですよ。

まめ。: これ(煮物の昆布)、どー思う?
 生徒: あ、俺、昆布ダメなんです。
まめ。: ほう!昆布は全部ダメなのか?おにぎりも?
 生徒: うん。全部ダメ。
まめ。: じゃー・・・おにぎりの具では何が好き?
 生徒: 梅。(あっさり)
まめ。: しぶいな・・・。

気を取り直して。

まめ。: 何か好きな食べ物、ある?
 生徒: えーっと・・・つけもの!
 生徒: 漬物!?
まめ。: ほぉ・・・そりゃまた渋いのぉ。
      ちなみに、漬物だったら、何? きゅうり?ナス?

 生徒: きゅうり! あれとご飯だけあればいい!
 生徒: 朝はご飯!? パン!?
 生徒: 朝はパンじゃなきゃダメ!
      夜はきゅうりの漬物とご飯!

まめ。: あ、そこは現代っ子ぽいな・・・。(心の声)


それにしても、自分にとっては十分現代の中学生(イメージ)と
かけ離れた答えが返ってきたんですけど・・・。
気のせいですか?

更に、カレーの話。
[PR]

by white-topaz | 2008-06-22 19:48 | 学校のこと | Trackback | Comments(0)

うちの娘に。   

職員室でポヤ~ンとしていると、ある先生に声をかけられました。
その先生とは、学年も違うので、話す機会なんて、ほっとんど
ありません。
あ、最低限の用事とかでは、話しますけどね。
それ以外のどーでもいい話はない、というか。

・・・でも、何だかんだでちょこちょこ話をしていると思っていた・・・


のですが。




向こうは、「まめ。とあんまり喋っていない」 という認識らしく
今日、話しかけられたわけです。
他愛もない世間話だったんですけどね。

ちなみに、相手は40代・既婚な先生です。
・・・隣のクラスのおっさんじゃないよ?(笑)
だいたい、職場には若い独身男性がいないのでございます。

そしたら。
[PR]

by white-topaz | 2008-06-20 23:36 | 学校のこと | Trackback | Comments(0)

あんパーンチ。   

宿題忘れた生徒がまぁ、毎度毎度いるわけなのですが。
何だか怒るのも嫌になったので (何かもーめんどくさい)
最近は、パンチを喰らわせて居残り、にしております。

たとえば。

 生徒: 先生・・・ノート忘れました・・・。
まめ。: ぬゎんでっすってぇ~!? そんなヤツには・・・
      パーーーーンチ!!



あ、超ノロノロパンチですけど。
生徒が完全によけられるほどの速さですけど。(笑)

 生徒: うわぁぁぁぁぁ・・・!!(スローで倒れるフリ)
まめ。: ・・・よしっ。 後は居残りなっ。
 生徒: はぁい。
まめ。: さて、授業でもやるか!


そんなある日のこと。

パンチといったら。
[PR]

by white-topaz | 2008-06-18 22:06 | 学校のこと | Trackback | Comments(0)

風邪を引いてるから。   

只今、風邪を引いているので、声が出ない。
いつもなら、ガンガン怒るんだけど、今日はそれもできない。

だから、余計に恐かったのかなぁ。


・・・なんて思ってみたりするけど、やっぱりねぇ。
許せるところと許せないところは、あるわけですよ。
そして今日は、カチンときたのですよ。


あ、何が起こったか?
えっとねぇ・・・。



先週からずーっと言ってるんですけどね。
席替えをしたのですが、「新しい班でもしっかりする」 っていう
条件の下でやったんですよ。
そしたら、1班だけ、ぜーんぜん仕事をしない。
他の班は係の仕事や、給食当番なんかもするんですけど。

そこだけ、何回言っても、班長が注意するわけでもなく。
班のみんなが協力するわけでもなく。
毎日毎日まめ。に言われてから、やっと動くほど。
それで 「うちの班はちゃんとやってる」 みたいな顔をしている。

腹が立つったらありゃしない!!

しょーがないやね?
[PR]

by white-topaz | 2008-06-17 20:53 | ちょっとした愚痴 | Trackback | Comments(2)

待ってちゃダメなのよ。   

ネタがないので、ちょっと前の話でも。

家庭訪問で、ある生徒の家に行ったときの話なんですけどね。
そこの家には、ちょっと早めに着いたから
余裕をもって話を進めていたんですよ。

そしたら、段々話が脱線していき・・・。
気が付けば、予定時間終了の5分前。
本人(子ども)は置いといて、世間話に突入。

きっかけは、まめ。がカレーを作りすぎた話。
その話を子どもがお母さんにしたらしく
「実家だと料理はしませんよね~」 から入ったのです。

うん・・・。
それはいいんですけどね・・・。
段々、時間が迫ってくるんですけど・・・。
お母さん、なかなか終わる気配がない。

・・・やばい。(汗)

お母さん、熱が入っていますなぁ・・・。
[PR]

by white-topaz | 2008-06-15 22:37 | 学校のこと | Trackback | Comments(4)

好きな人。   

放課後。
何だか数人の女子が残って、話が盛り上がっておりました。
・・・早く部活に行かんかい。
なんて心の中でつっこみながら、仕事をしていたまめ。なのですが
全然部活に行く気配がない。

・・・しゃーない。


まめ。: さっきからなぁ~にぃ~?
     好きな人の話ばっかりしてさぁ。

 生徒: えっ!? 先生、何で聞いてるの!?
まめ。: 君たちの声がでかいから、勝手に聞こえるんだ。
 生徒: えー?
まめ。: ・・・で、誰なの? 君たちが好きなのは?(笑)

にっこり笑顔で聞くまめ。
生徒の答えは・・・。

だって、楽しいじゃない?
[PR]

by white-topaz | 2008-06-11 23:12 | 恋愛のこと | Trackback | Comments(0)

さらに、今日も続く。   

おっさんとのバトル の模様を以前、書きましたが
実は、その後もまだまだ続いているのですよ。

えぇ、ほぼ毎日。(笑)
毎日毎日ちょっとしたバトルが続いてるんですよ。
ここ最近、おっさん(既婚)のまめ。に対する扱いがひどいよ。


全校集会直前@体育館での出来事。
おっさん、まめ。に頼んできたんですよ。

おっさん: まめ。先生に頼みがあるんだけどー。
  まめ。: 何ですか?(生徒の前なので、笑顔)
おっさん: これ、隣のクラスの担任の先生に渡してきて。
  まめ。: これは、今日中に渡さなければならんものですね。
おっさん: 俺が渡すより若くてきれいな先生に渡された方が
      向こうも嬉しいでしょ?

  まめ。: ・・・ってか、何で今ですか?
      さっき、めちゃめちゃ先生の近くを通ったじゃないですか。
      そのときに渡せばよかったのに。
      ってか、どー考えても嫌がらせでしょ、これ。
      おもいっきり反対側にいるじゃないですか。
      この空気の中、体育館を突っ切って渡せ、とでも?

おっさん: うん。
  まめ。: いやー!もう、何それー!!



・・・行きましたけど。
行ってきましたけど。


  まめ。: ・・・渡してきましたよ。
おっさん: あ、ほんとにー? らっきー。 ありがとー。
  まめ。: だったら、今度の給食のデザート、ください♪
おっさん: ・・・え。嫌だ。
  まめ。: 何だと、こら。

鋭いツッコミに、おっさんクラスの生徒が思わず後ろを向く。
そして、何だかわかんないけど、「まめ。先生は強い」みたいな話を
しているっぽかった。(苦笑)

更にバトルは続く。
[PR]

by white-topaz | 2008-06-10 21:25 | 学校のこと | Trackback | Comments(0)