<   2008年 03月 ( 21 )   > この月の画像一覧   

ちょっと心配。   

まめ。: ・・・まだそんなこと言ってんの?
生徒A: だってさぁ~・・・!!
生徒B: 嫌なんだもん!!

今日は3月31日なので、とりあえずまだ 「うちの」 職場・・・ですね。
そこで担当していた部活の生徒と会ったので話をしました。
・・・そしたら、この会話。
もうちょっと遡ってみましょうか。


まめ。: ・・・あぁ、いたいた!よかった!!
     もう帰ったのかと思ったよ。

生徒A: まめ。先生!
生徒B: 何でいるの? 4月からもいられるようになったとか?
まめ。: 違う違う。 お別れを言いに来たってだけ。
生徒A: なぁんでぇ~!!!
生徒B: もー嫌だぁー!!
まめ。: あんたたち、まだそんなこと言ってんの?
生徒A: だってさぁ~・・・!!!
生徒B: 嫌なんだもん!!
まめ。: 次の先生だって来るから大丈夫でしょ♪
生徒B: そんなん、絶対認めないし!!
生徒A: まめ。先生がいいー!!
まめ。: どんだけ私のことが好きだよ。(笑)
生徒A: ってか、うちらの学年の英語の先生と代わってよ!!
生徒B: まめ。先生がうちらに英語を教えてー・・・
     で、あっちがまめ。先生が次に行くところへ行く!!!

まめ。: うっわー・・・。(呆)
     あんたたちになんか絶対教えたくないね。(笑)


そんな会話が延々と。
[PR]

by white-topaz | 2008-03-31 22:20 | 学校のこと | Trackback | Comments(2)

最後のワガママ。   

大きな仕事(オフ会報告)も終わったことなので、近況報告を。
前の記事にもちょこっと書きましたが、まめ。は4月からまた新しい
職場に異動します。
うん、そういう立場なので仕方がないんですけど。

以前、2年間お世話になった学校での離任式
思ったことは、「いつまでも一緒にいられない」ってこと。
だから、今回は自分が持っているもの、残しておきたいこと全てを
生徒に教えておきました。

もちろん、生徒はそんなことを考えもせず4月からも当然一緒に
いると思っていたので、大泣きです。
私の顔を見た瞬間、大泣きな生徒もいました。
なだめるのにどれだけ時間がかかったか。

私といえば、充実感があったので泣くこともあまりせず。
(いえ、ちょっとは涙ぐみましたが)
むしろ、笑顔でお別れできました。

私は1年しかいなかったのだから、思い入れは他の先生方に比べれば
少ないのかもしれません。
でも、全然ないってわけでもないんです。
1年しか一緒にいなかった1年生が泣いてくれたんだから
私だって泣きたかったですよ。

でも、最後の記憶が「泣き顔」っていうのが嫌だったんです。
何ていうんでしょうかねぇ・・・。
彼らの 「先生」 という立場での最後の顔が泣き顔だったら
今までの思い出が全部泣き顔で消されちゃうような気がして。

だから、最後の最後まで笑顔を彼らの記憶の中に残そうと思って。
泣くのはいつでも出来るから。
限られた時間の中で笑顔を残す方が大事だと思ったから。

・・・なんて言ったら 「クサいねw」 なんて某ブロガーさんに
言われちゃいましたけどね。(笑)

思い入れがないわけじゃないよ?
[PR]

by white-topaz | 2008-03-31 00:09 | 自分のこと | Trackback | Comments(4)

友紀ちゃんがやってきた: 最終章 「山梨代表」   

ほぼ1週間かかりましたね・・・。(途中抜けたところがあったけど)

 序章: まずは体力勝負
第1章: シャイ合戦
第2章: 派閥争い
第3章: 困惑
第4章: 甲府
第5章: 葡萄酒
第6章: 了解
第7章: 白州


まだ読んでいない話があったら、どうぞ。
そんなわけで、ついに最終章でございます。


1日目から色んなところで面白い人・出来事に遭遇した3人。
このままでは 「山梨県民=変な人」 になってしまう!
チーム山梨(あおいさん&まめ。) は密かに恐れていたのでございます。

まぁ実際、友紀ちゃんの中にある山梨県民のイメージは 「おもろい人」
に前からなっていたようで。
これを覆すには随分努力をせんといかんなぁ、と。


・・・思っていたのですが。
まぁ、1日2日でそう簡単に覆るはずもなく。
それでも 「山梨県民代表」 を決めようとしたわけです。


山梨県民代表、とは。
「山梨県民と言えば、こんな人!」 というキャッチフレーズにふさわしい
山梨県民を選ぶ大変名誉な称号。
いろんな人に会いましたよ。


派閥争いが見え見えな某ほうとう屋の女性従業員。(第2章参考)
受験の出来具合より何より、腹痛に教われないことをお願いしていた
受験生。(第3章参考)
神社の敷地内でワックスをかけるおっちゃん。(第3章参考)
甲府で見かけた荒川良々にそっくりな人。(第4章参考)
記事にはしませんでしたが、日曜の朝から側溝の掃除をしていた
北杜市の老人クラブ(推測)の方々。



移動中の車の中で。

まめ。: もーさぁ、ここまで来たら友紀ちゃんに
     山梨代表を決めてもらおうよ。

あおい: いーねぇ、それ。じゃあ、帰るときに発表ってことで。
 友紀: えー?難しいなぁ。
まめ。: あ、でもブログで発表でもいいよ?
あおい: そういう手もあったか!
 友紀: うん、そうしよ!誰がおったっけ~?
まめ。: 神社でワックスかけてたおっちゃんとか~。
あおい: 甲府市内のいたるところに出没するごま。ちゃんとか~。
 まめ。: 荒川良々とか~。
 友紀: 良々!!
あおい: やばい、このままじゃ良々が代表になってしまう!
     側溝の掃除をしていたおじいさんたちとか~。

まめ。: ってか、その人たちでいいんじゃね?(必死)
あおい: うん、いいと思う。(同じく必死)

チーム山梨が決めていいのか。(いや、よくないだろう)

うん。
[PR]

by white-topaz | 2008-03-29 03:23 | 旅行のこと | Trackback | Comments(6)

友紀ちゃんがやってきた: 第7章 「白州」   

さてはて、2日目。
この日は主に清里を中心に回ってみました。

・・・そして。
この2日間でまめ。のテンションが高かったであろう、伝説の場所。
その名も 「道の駅・はくしゅう」 !!!

いつだったか、フキを買いまくってあおいさんにバカにされた場所です。
今回はさすがにフキが並ぶのには早かったらしく(ふきのとうはあった)
ションボリしながら野菜コーナーを見ていたとき。
まめ。の目にフキに変わるものを発見!!


まめ。: !!!!!
あおい: どーした、まめ。よ。(半分呆れ気味)
まめ。: ほうれん草!!! ほうれん草があった!!!
あおい: ・・・はぁ。(今回は、ほうれん草かい)
 友紀: ほうれん草。(なぜほうれん草?)

朝からいきなりテンション上がりっぱなし。
店内をグルグル回り、よさそうなほうれん草を2束ゲット!!!
ついでにネギも見つけ、あまりの嬉しさに入り口付近で待機していた
あおいさんと友紀ちゃんに向かって

ネギを片手にものっすごい笑顔で
ネギのアピールをしてましたけど。(笑)



結局、ネギを買うのはやめて、ほうれん草のみお買い上げ。
なかなか有意義な時間でした。

そしたら。
[PR]

by white-topaz | 2008-03-29 02:07 | 旅行のこと | Trackback | Comments(0)

友紀ちゃんがやってきた: 第6章 「了解」   

そんなこんなで、お宿に到着。
(友紀ちゃんのところ へ行って!! ←人任せ・笑)

レストランは、前にもランチであおいさんと来たことがある場所。
しかし、ディナーは初。
なかなかおいしかったですよ。
あおいさんと友紀ちゃんはワインを注文。
まめ。はグレープフルーツジュース。
(2日酔いになりにくいって聞いたことがあったので)

マグロのカルパッチョから、イイダコと菜の花のトマトソーススパゲティ
何かわかんないけど、肉料理。(笑)
そして、アイスクリームとパンナコッタとケーキの盛り合わせ。

どれもおいしくて 「しあわせ~」 な時間をすごしておりました。
特に・・・どー考えてもメロンの味しかしなかったアイスね!!
説明の段階では、「メロン」 という単語は一切聞いていなかった3人。
しかし。

まめ。: ・・・うん?
 友紀: どーした?
まめ。: ・・・メロンのアイス、って言ってたっけ?
 友紀: 聞いてへんなぁ。
あおい: 私も聞いてない。
まめ。: ・・・メロンの味がする。
 友紀: えー?  (アイスを食べてみる)
     ・・・ほんまや。 メロンの味がする。

あおい: うん。でも 「メロン」 って聞いた記憶がないな~。


結局、何のアイスか分からないまま食べてしまいました。
でも、あれはメロンだったと思う。 うん。

ここからが友紀ちゃんにまかされたところ。
[PR]

by white-topaz | 2008-03-28 00:07 | 旅行のこと | Trackback | Comments(4)

友紀ちゃんがやってきた: 第5章 「葡萄酒」   

武田神社に行った後、向かったところは勝沼ワイナリー。
・・・まぁ、その途中で荒川良々(そっくりさん)に出会ったのですが。



町営ぶどうの丘 へ行ってきました。
1100円でタートヴァン(試飲用の小皿?)を貰いワインをたっぷりと
試飲してきたのです。
・・・えぇ、主に友紀ちゃんとまめ。が。
だってあおいさんは運転手だもの。

そんなこんなで白ワインから飲み始めたまめ。たち。
流石に全ての種類は飲めないだろう、と各樽(樽の上にある)から
1種類ずつ飲んでみました。

・・・すると、隣の樽からすごい歓声が。
驚いて振り向いてみるとおっさんたちがワインを飲んで
「このワインはすごい!!!」 と大絶賛しておりました。

・・・それを見てちょっと引いたけど。(苦笑)
最初は白から飲み、ロゼ、赤と飲んでいきました。
いい感じに酔っ払ってる友紀ちゃんとまめ。
あおいさんの話なんか聞いてるんだか聞いてないんだか。

 友紀: あっ、赤ワインに突入だ。
あおい: これ、おいしいよ。
まめ。: ・・・これにしよう。

まめ。が手にしたのはあおいさんが勧めるものとは全く違うワイン。
友紀ちゃんはあおいさん推薦のワインを飲んでいましたが、まめ。は
違うワインを飲んでみました。
その名も 「クラシック」。

ほんとにね。
[PR]

by white-topaz | 2008-03-25 23:19 | 旅行のこと | Trackback | Comments(0)

友紀ちゃんがやってきた: 第4章 「甲府」   

甲府市内を移動中の話。


まめ。: ・・・あ。関係ないけどここに妹(ごま。)が
     通っております~。

あおい: へ~。ここなんだ?
まめ。: うん、そう。
 友紀: じゃあ、いるかもしれんなぁ?

そこからまた少し進むと。

まめ。: あ、ここ。 関係ないけど妹(ごま。)が
     バイトをしております~。

 友紀: えっ!?
あおい: 何でここ?
まめ。: いや、何かパソコン関係で。


で、帰りの道であるところを通りかかったところ。

まめ。: あ、関係ないけど。
     ここで学会か何かをしたときに、うちの妹(ごま。)がそこの
     駐車場で駐車場係のバイトをしておりました~。

あおい: またかよ!!
 友紀: どんだけ出没すりゃえぇねん!!
     出没しすぎやろ。(笑)

まめ。: ・・・ねー?

そんなわけで、意外と甲府にいれば、ごま。を見かけることが
あるのかもしれません。
あ、この日は会いませんでしたよ?

この日最大のヒット!!
[PR]

by white-topaz | 2008-03-25 20:44 | 旅行のこと | Trackback | Comments(2)

友紀ちゃんがやってきた: 第3章 「困惑」   

オフ会続き。

ほうとうを食べた後は、どこを案内すればよいのか。
チーム山梨 (あおい&まめ。) はちょっと考えてしまったわけです。

どこを紹介しろ、と?
富士山?
ここから行くには遠いですよ。
甲府近辺でいけそうなところ・・・。

あの場所かぁっ!!


というわけで、たどり着いたのは 武田神社

あおい: うーん・・・ここの駐車場、混んでるなぁ。
まめ。: もーちょっと行けば、停めるところはあるかね?

どんどん車を進めるあおいさん。

あおい: あ、あった!いいじゃん♪ 空いてるし。
まめ。: 意外と近いねぇ・・・って!!

車は無事に停められたのですが、完全に境内だろ。

ちょっと歩いて腹ごなしをするつもりだったのが、全くされないという
この予想外にもほどがある結末。
無事にお参りもすませ、絵馬なんかを見ていました。

ほら、受験が近かったしね。
あと、生まれたばかりの子どもの健康を祈願したり。

・・・でもねぇ。

本領、発揮!
[PR]

by white-topaz | 2008-03-25 00:13 | 旅行のこと | Trackback | Comments(6)

友紀ちゃんがやってきた: 第2章 「派閥争い」   

オフ会続き。
お腹もいい感じに減ってきたし、せっかくなので友紀ちゃんには
山梨といえばこれ! というくらいの 「ほうとう」 を食べてもらおうと思い
県内でも有名なほうとう屋さんへ行きました。

お昼もちょっと過ぎていたので、それほど混んでいるわけでもなく。
すんなり座れました。
何と言っても、お店のど真ん中。
これ以上人間観察に持ってこい!な場所はありません。

そんなわけで、3人とも 「かぼちゃほうとう」 を頼むことに。
山梨県民は、ほうとうは家で食べるものですから、お店で食べることは
そんなにないと思うのです。
あれ?うちだけですか。すいません。

そんなこんなで、出てきたほうとう。
思ったより量が多かったのです。
食べることに必死で会話なんか成立するわけもなく。

・・・そのうち、あおいさん、半分食べたところでギブアップ。

あおい: もうだめだ~。
 友紀: ちょっ!! 食べてへんやん!
まめ。: もっと食べろ~。
あおい: だって、朝ごはんにから揚げ食べてきたんだもん。
まめ。: 言い訳なんかいらんのじゃ~!!
     見ろ、このまめ。の汁面積を!!

 友紀: ・・・汁面積?
まめ。: 麺や具よりも汁の面積の方が増えてきたから。
 友紀: なるほど。

しかしこのあと、まめ。は塩分の取りすぎ(単純に 「しょっぱかった」)で
のどの渇きに悩まされるとは誰も予想はしていなかったのです・・・。。

続きはCMの後で!(ウソ)
[PR]

by white-topaz | 2008-03-24 23:41 | 旅行のこと | Trackback | Comments(0)

友紀ちゃんがやってきた: 第1章 「シャイ合戦」   

そんなこんなで、友紀ちゃんと初めて会ったのですが。
どーにもこーにも、まめ。はシャイガール。

積極的に話しかけた方がいいのか?
それとも、待っていた方がいいのか?
そもそも、どーすれば打ち解けられるのか?
とりあえず、様子見で無難な話題でも出しておく?

・・・とグルグル悩んでいたところ、運転していたあおいさんが。

あおい: まめ。ちゃんもゆっきー(=友紀ちゃん)も
     ちょっとシャイなところがあるよねー。


と。

まめ。: ・・・そうなの?
 友紀: ・・・実は。(笑)

うーん・・・。
これは大変なことになりましたぞ。

これは負けられない一戦!
[PR]

by white-topaz | 2008-03-23 22:21 | 旅行のこと | Trackback | Comments(4)