カテゴリ:音楽・本のこと( 108 )   

orbital period   

まめ。の大好きな BUMP OF CHICKEN のアルバムです。
本当は去年のうちに買って聞いてはいたのですが、ネタが尽きた頃に
書こうと思い(笑)、温めておりました。

気が付けば、前作のアルバムから3年・・・くらい?
いやぁ・・・よく待っていたなぁ、自分。(笑)

時々、彼らの歌は少々自分にとって重いときもあるのですが
今回のアルバムに限ってはそんなことはありませんでした。
結構好きです。

おまけに付いている絵本みたいなのが、またかわいい。
それもあるから、今回の作品は、曲の世界観が統一される。
そう。
今回のアルバム、非常にかわいらしい曲が目立つのです。

特にお気に入りなのは

* ハンマーソングと痛みの塔
* かさぶたぶたぶ
* 時空かくれんぼ
* プラネタリウム

とか。
基本的にみんな好きなんですけどね。


折角なんで、ちょっと真面目に昔話なんかしちゃいますけど。(笑)
3年前の夏。
度々ここにも書いてありますが、彼らの歌に救われました。

あ、真面目にね。(笑)
[PR]

by white-topaz | 2008-01-04 01:02 | 音楽・本のこと | Trackback | Comments(2)

スルメ的。   

まぁ、第一印象 「何だかがっかり」 だった本命さんのアルバム。
毎日毎日通勤に聴いていたら、慣れてきました。
そんなわけで、3曲くらいダウンロードして着信音にしております。

*   l0ve in the Φ
**  snap shot
*** 銀色 暗号

ですね。
ちなみに、 l0ve in the Φ を最初、目覚まし音にしていたのですが
心臓によくないと分かったので(笑)、現在は違う曲にしています。


そんなこんなで、ずっと聞き続けた結果。
「聞けば聞くほど味が出てくる」 ってことに、落ち着きました。
そうか・・・キンキさんはこれから 「スルメ」 を目指すのだな。
聞けば聞くだけ、魅力発見!っていうね。
まぁ、1回聞いてお気に入りもいいんだけど、そういうのもまた長く
愛されるもんなぁ。
・・・って何、このスルメ的感想。

まぁ、結局 「好き」 ってことですよ。(笑)

スルメといえば。
[PR]

by white-topaz | 2007-12-03 22:59 | 音楽・本のこと | Trackback | Comments(2)

何か、ちょっとがっかり。   

嫌いじゃないんですよ。
嫌いじゃないんだけど・・・でも。

今の気持ちが不安定だからかなぁ。
曲を聴いてもあまり心が動かされない。


とりあえず、第1回目を聞いた感想。



何だか、ちょっと期待はずれ。


*今回は、完全に趣味の話に行きますので、ついて来れる人だけどうぞ。

本命さんです。
[PR]

by white-topaz | 2007-11-15 22:34 | 音楽・本のこと | Trackback | Comments(0)

inconsolable   

今までと同じようにドアを閉める
編集室の床に散らばったフィルムみたいな非現実な感覚だった
君が何も言わずに出て行ったあの日

眠ろうとしたけど、時計の音が君との日々を思い出させる
もし、君がここにいたら誓う 君に伝えたいんだ

ねぇ
僕は無気力に君のいない日々を過ごすなんて嫌だ
この気持ちをしまっておくということほど、僕にとってつらいことはない
僕はずっと君が戻ってくることを願っていたから

君が去っていくのを思い出すたびにいつも思う
もし、あの時に戻ったら君に伝えられたのに

今でもとめどなく押し寄せる後悔と悲しみを


これが、限界。
[PR]

by white-topaz | 2007-10-28 22:42 | 音楽・本のこと | Trackback | Comments(2)

Music of Life   

世界が 世界が愛だとは言えないが
僕たちは 君たちはなんて弱虫なんだ

夢とか光とか描いた子どもたちは 無邪気に純粋に今を生きてる


誰もが 誰もが悩んで立ち止まって
僕たちは君たちは なんて矛盾してんだ

未来とか希望とか描いた大人達は 無意味に欲望に今を見失ってる
目を覚ませ 今すぐに




これ、本命さんのアルバムに入ってたんですけどね。
最初に聴いたときは、そんなに好きじゃなかったんです。
いくら 光一さん作詞・剛さん作曲 でも。

何でだろ。
彼らにしてみればメッセージ性の強い作品だったのかな。
今までとは違ったタイプだもんなぁ。

ふむ。
[PR]

by white-topaz | 2007-09-02 22:36 | 音楽・本のこと | Trackback | Comments(0)

好きすぎてどうしようもない。   

先週からずっと本命さんのを聴いております。
それこそ、通勤時から夜寝る前まで。
えぇ、もう好きすぎてどうしようもないですね。

さすがに4900円は辛いと思ったんですけど。
相談したら 「4900円の方を買っちゃえば?」 と非常にあっさり言われ。
あぁ、そうか・・・と妙に納得してしまった自分もいたり。

そんなわけで、発売までの1ヶ月。
無駄に買い物に出かけずに頑張って頑張って頑張って・・・

節約しました。(笑)


えぇ、そりゃあの1ヶ月間はどこにも行かず、服も買わずに。
・・・ちょっと浮気しちゃったけど。(笑)
それも計算済みだったからねぇ。


さっすがDVD付きで4900円だね!
本当に39曲入っていて満足した内容ですよ。
でも、録り直ししてくれたら文句なしだったなぁ。
そうすれば、聞いたことのある曲でもまた違った感じになるだろうし。

特にお気に入りを一挙に紹介!
[PR]

by white-topaz | 2007-07-27 00:20 | 音楽・本のこと | Trackback | Comments(0)

ROCK YOU   

浮気をしてしまいました。
でも、後悔はしてない。
むしろ、この出会いは良かった って思えたくらい。

だって、本命さんと違うタイプだったんだもん。
正直に言うよ。

本命さんより、こっちの方が かわいかった の。
それに、最近よく見かけるんだもん。
視界に入ってくるんだもん。
嫌でも気になっちゃうじゃない。

本命さんの顔を見ると・・・声を聞くだけでもドキドキしすぎて
呼吸がうまく出来ず苦しくなるのに、こっちはリラックスさせてくれるの。
まめ。も一緒にいて気分がいいの。

もちろん、本命さんの方が好きだよ。
でも、どうしようもない時だってあるでしょ?
頭では分かっていても、心が揺れ動く時だってあるでしょ?

それに・・・。

「初めから好きだった」

って言葉を聞いてしまったから。

ねぇ。
[PR]

by white-topaz | 2007-07-16 23:39 | 音楽・本のこと | Trackback | Comments(0)

泣けるくらい。   

夢の続きが見たくて そっと名前を呟いてみた
キミにとってもこうして 孤独さを越える存在でありたい




ずっと探していた曲を見つけたので、聞いてみることにしました。
何かと話題の You Tube で。(笑)


・・・不覚にも泣いてしまったよ。

何に泣いたんだろう。


歌声かもしれないし

歌詞かもしれないし

映像かもしれない。


ずっと前から聞きたかった曲で

切ない歌詞だったから、どんなメロディーが気になってしまって

PVじゃないとは思うんだけど、ひどすぎるバカップルさが(笑)
映像を通じて伝わってきて、それが却ってほほえましく感じて
これじゃなきゃダメなんだって思った。

もう大体想像はついていると思うんですが。
[PR]

by white-topaz | 2007-07-08 18:40 | 音楽・本のこと | Trackback | Comments(2)

今更ながら。   

やっと聴くことが出来ました。

Neo Africa Rainbow Ax
(ENDLICHERI ☆ ENDLICHERI)


1人暮らしの妹に頼んでいたんですけど。
(なぜなら、奴に頼んだ方がちょっと安く手に入るから)
あいつ・・・連休前に持ってくるのを忘れやがって。
そんなわけで、今日、やっともらうことができました。

聴きたくて聴きたくてしょうがなかったんですよ、約1ヶ月もの間。
というわけで今、聴いてるんですけど。
あ、2巡目です。


うーん・・・さすが。
ケリーさんの世界が強いですね。
うん、好きだけどね。
んでもって、慣らしてるんだけどね。

感想書いちゃいますけど。
[PR]

by white-topaz | 2007-05-05 19:26 | 音楽・本のこと | Trackback | Comments(2)

おっちゃん。   

どうしよう。
見つけちゃったよ。

見つけちゃったよ、あおいさぁーんっっ!!


・・・とまぁ、世界の中心から叫んでみたところで、今日のイチオシ。
今日は、あおいさんと師匠と一緒にご飯を食べに行きました。
んでもって、その帰りに某ショッピングモール内をうろついていたところ
不思議なストラップを発見してしまいました。

聞いて驚け。
見て笑え。(おじゃる丸に出てくる子鬼みたいな言い方だけど)


簡単に言うと、そのキャラクターは・・・
湯飲みの中の緑茶に浸かってる

バーコードハゲのおっちゃんでしたわ。


おっちゃんのプロフィール、いってみる?
[PR]

by white-topaz | 2007-03-30 22:29 | 音楽・本のこと | Trackback | Comments(0)