第9を聴いてみた。   

昨日、第9を聴きに行ったんですよ。
ベートーベンの、第9。
よく、年末になると耳にする、あれ。
「喜びの歌」で知られている、あれ。

きっかけは、職場の人が演奏するから、ということで
チケットを2枚もらったんです。
彼氏と来てね、的な発想でくれたとは思うんですけど。
彼氏がいない人(=まめ。)はどうすれば・・・。
それでも、せっかくもらったんで、行ってみようと思ったのですが
さて困った。


2枚もらったけど・・・誰と行こう?(笑)


普通なら、小町先生と行くんですが、今回は小町先生も
2枚もらっていたのです。
2人して「誰と行く?」とずっと悩んでいました。



ダメもとで、ごま。に聞いてみました。
まめ。: ねぇねぇ、あんた、第9聴かないよね?
      チケットもらったんだけどさ。

ごま。: え。聴くよ?

予想外の返事に驚くまめ。
絶対興味なさそうだと思っていたのに!!

まめ。: え・・・なんで? どした?
ごま。: 滅多に実物を聴く機会ないじゃん?
まめ。: あ、そう・・・。


んでもって、当日。
まめ。&ごま。姉妹と小町先生、そして・・・
結局小町先生の相方が見つからなかったのでごま。の友達を
つれて行って来ました。


第9番は、4楽章から構成されています。
「喜びの歌」は、そのうちの第4楽章。
原語(ドイツ語)で歌っているから、ワケが分からず。
(しかも、声が響きすぎて帰って聞こえづらい)
ソリストの人たちは、ほとんど歌っていないように見えたので
なんじゃそりゃ?とかも思っていたのですが
全体的に、とっても面白かったです。


初めてちゃんと聴いたけれど、なかなか奥深い。
また聴いてみたいな、なんて思っているのですよ。
[PR]

by white-topaz | 2008-12-15 00:23 | 日常のこと | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://whitetopaz.exblog.jp/tb/9905013
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by のび太 at 2008-12-15 22:26 x
いい曲ですね。
私は以前毎年聴きに行きました・・。
ドイツ語の詩はいいですよ。
Commented by white-topaz at 2008-12-18 21:50
のび太 さま

面白かったんですけどね・・・。
声が反響しすぎてかえってわけわからんかったのです。
Commented by あおい at 2008-12-21 17:20 x
なぜ誘わないー!
こんなに暇なのに。くすん。
Commented by white-topaz at 2008-12-22 00:14
あおい さま

えー。
だって、進路とかで忙しいと思ったんだもん。

<< まめ。にピッタリ。 ぷれっしゃー。 >>