truth   

・・・うん。
辞書を引く間もなく 出てくるのではないでしょうか。

「真実」 ってやつね。


「真実は いつも ひとつ!」


・・・「名探偵 コナン」(アニメバージョン) の決め台詞です。
今日、月曜日だし。(笑)

「これ(上の決め台詞)を 英語で言うとどうなりますか?」

とか 生徒さんから言われちゃった日にはねぇ。
どーすりゃいいのよ?

・・・いや、やるしかないのは 分かってるんだけど。
こういうのって 絶対的な正解がないもんねぇ。  感覚でやるしかない。

本人は 一生懸命考えて
The truth is only one.
とか書いてきたから  「それで合ってるよ」 って言ってあげたいよねぇ。
でも、きっと それじゃ ダメなんだろうなー・・・。

そんなわけで 出した答えは・・・

"There is only one truth."

どうでしょうか?
みなさんの 頭の中に出てきた ものとは違いますかね?
でも、それで良いと思うんですよ。
だって、 言葉って 一人一人 受け止め方が違うでしょ。
それが 言語の 面白いところですよね。



そういえば。
私、中学時代に 同じことやってました。

以前、どこかで書いた "X-FILES" にも 実は

"The Truth Is Out There."

ってフレーズがあるんです。
これを日本語にするときは

「真実は そこに ある」

だったんですけどね。
どうも納得できなかったのですよ。

「out って 『外』 って意味でしょー!!  訳わかんない!!」

ってね。 ・・・自分が訳分からんな・・・。
でも、今でも思うんですよ。

もうちょっと 惹きつけられる
フレーズに できなかったかなぁ!?

って。

雰囲気、ぶち壊しちゃってたよ。 (個人的な感想)
せめて・・・

「真実は 見えないところに 存在する」 とか
「真実は すぐそばに ある」 とかさぁ。
(半ば 無視してる単語もあるけれどさ)

・・・ごめん。 今の忘れて?
自分の語学力に 今、激しく落ち込んだから。(苦笑)
[PR]

by white-topaz | 2006-02-27 22:21 | 英語のこと | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://whitetopaz.exblog.jp/tb/989053
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< いきなり。 パジャマでごろん。 >>