緊急事態。 前編   

合唱発表会2日前。

まめ。: 明日の朝の様子で、明日と明後日の練習時間を
      作るか作らないか、決める。

 生徒: ・・・はい。


こんな言葉で、緊急事態は始まりました。
ことの発端は、その日の練習がなかなか始まらないこと。
並んだのは言いけれど、しゃべってて、なかなか始まらない。
そのくせ、自分たちの合唱は1番上手いと思ってる。


・・・全然声が出ないのに、か。
あんな自己満足な合唱で、か。
人の気も知らんと。
なんて思ってたら、黒まめ。が出てきてしまいました。

まめ。: ・・・おい、いつまで待てばいいんだよ?
      本番2日前だぞ。 何度言えば分かるんだよ。
      そんなんなら、歌わない方がマシだ。
      当日、出ないでよろしい。



まめ。は、「やる」と言ったら、やります。
それを生徒も分かっているから、緊急事態と察知。



その後、クラス長が話をしにきました。

まめ。: ・・・で? 練習時間を作れ、と。
 生徒: ・・・はい。
まめ。: 練習時間作ったっておしゃべりで終わるじゃんか。
 生徒: 先生に言われたことを意識しながら、練習します。

まめ。: ふーん・・・じゃあ。
      明日の朝の様子で、明日と明後日の練習時間を
      作るか作らないか、決める。
      つまり、やる気が見えるか見えないか、だ。

 生徒: ・・・はい。
      もし、明日の朝がダメだったら昼休みを使います。


そして、次の日の朝。
合唱を聞きました。

まめ。: ・・・全員に言った?
 生徒: はい。
まめ。: 言ってて、あの有様か。
 生徒: ・・・。
まめ。: 歌ってないやつがいるんじゃなぁ。
      残念。 時間は作ってやれない。

 生徒: ・・・はい。


そして、その日の昼休み。

まめ。: ・・・なぁ、昨日言ったことは何だったわけ?
 生徒: そこまで言うのを忘れていて・・・。
まめ。: いるメンバーだけで練習しようとは考えなかった?
 生徒: ・・・。
まめ。: それが、クラスの答えなんだなぁ。 分かった。
      じゃあ、明日は出なくてよし。

 生徒: ・・・・・・。


後編へ続く。
[PR]

by white-topaz | 2008-11-23 00:05 | 学校のこと | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://whitetopaz.exblog.jp/tb/9731441
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 緊急事態。 後編 久々に、バトンでも。 >>