画鋲。   

朝、いきなりおっさんがまめ。クラスに入ってきました。
まめ。が特に忘れ物をしたわけでもなく。
特に緊急で話すこともない。

 まめ。: な・・・何すか。
おっさん: 画鋲、貸して。
 まめ。: はっ!?
おっさん: だって、うちのクラス、ないんだもん。
 まめ。: すぐに返してくださいよ?
おっさん: おっけー♪


・・・と言ったのにも関わらず、なかなか返される気配はない。
これから、学園祭の写真とか貼ろうと思ってたのに。

 まめ。: あのオヤジ・・・。
       うちの掲示物が貼れんやろが。


とか思いつつ、5時間目。
おっさんクラスえで授業をしていました。
何気なくおっさんの机に手を置くと・・・。


 まめ。: ・・・あれ?

ケースに入った画鋲たちだ。
貸した本人もすっかり忘れてた。


 まめ。: ・・・うん?

ふと、棚に目をやると、棚の中にも画鋲画は言ってるケースが。
確かに、針の部分がもうダメっぽいものもあるけど、ちゃんと使えそうな
やつもあるなぁ。
・・・新品だからって借りやがって。(怒)



掃除が終わった後、おっさんクラスの生徒が画鋲を返しに来ました。

まめ。: 5分くらいと思ってたら、5時間も借りやがったね?
 生徒: す・・・すみません・・・。
 まめ。: まめ。先生が泣いてたって言っとけ。

もー5時間も借りっぱなしとか信じられないよね!
・・・とか思いながら、おっさんクラスに。
いや、ちょっと聞きたいことがあったので。

 まめ。: 先生、聞きたいことがあるんですけど・・・。
おっさん: あっ!! まめ。先生さまさま!!(生徒の前だとこの呼び方)
       画鋲が返って来なくて、泣いてたんじゃないの?

 まめ。: ・・・(しまった)!! もうねぇ・・・そうなの・・・。
       すぐに返してくれると信じてたのに・・・!! ひどい・・・。
       私、先生を信じて5時間も待ってたのに・・・!!!


まめ。はそのまま教卓に伏した状態で泣きマネ。
何てノリのいい20代なんでしょう。
生徒はそれを「何か始まった」って面白そうに見てるし。

おっさん: ごめんねー? うちの生徒が返しそびれてねー。
       こら! 誰だ、まめ。先生を泣かせたのは!!!

 まめ。: ってか借りたの先生だから。
おっさん: あ、そう?

もーおっさんといると、疲れるわ。
[PR]

by white-topaz | 2008-09-22 23:50 | 学校のこと | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://whitetopaz.exblog.jp/tb/9149257
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 頑張ってるよ。 大福をめぐる争い。 >>