恋涙。   

 最近、KinKi Kids の H album を買いました。
 で、とても気に入ったのがタイトルにある 「恋涙」。

 この歌、  作詞→ 堂本 剛    作曲→堂本 光一 になっています。
 女性側から書かれている(と思われる)歌詞は、剛さんの特徴ですよね。
 バラード・・・ではないんですけど、なぜかとても切ない感じになっています。
 初めて聞いたとき、ちょっと泣きそうになったくらいです。(笑)

 作詞→ 剛さん  作曲→光一さん  の組み合わせは、とても好きです。
 f album に収録されている 「愛のかたまり」も、この組み合わせの曲です。
 アルバムのアコースティックバージョンでしか聞いたことはないんですが
 歌詞に合った切ない感じになっています。 すばらしいです。

 で、この「恋涙」ですけども、考えさせられたのは、歌詞の中にある
 「大丈夫 恋は 様々が 育てるものよ」  ですかね。 
 いわれてみれば、確かに恋愛っていろんな感情(不安、喜び、嫉妬など)で
 「育っていく」よねぇ、と思ってみたり。

 「恋涙」 を 一文字変えれば 「恋愛」 になるじゃないの!
 すごいよ、剛さん! ここまで考えていたなんて!!
 と驚いてみたり。

 この歌詞にこういう曲をつけた光一さんのセンスに拍手をしたくなったり。
 (両方とも好みのメロディーなんで)

 ジャニーズだから・・・と敬遠せずに、とにかく1回聞いてみてください。
[PR]

by white-topaz | 2005-12-07 22:50 | 音楽・本のこと | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://whitetopaz.exblog.jp/tb/89399
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 文字。 テスト。 >>