*きみの瞳にうつるボク*   

まったく、今回もカワイイのを作ってくれちゃって!

あの人の新作ですよ~。
何だか、今回は 視点が少し違うらしく
片思いをしている男の子 が主人公みたいですね。

いつものことながら、お話を読んでからどうぞ。↓



今回のお話は、 「視線」 が 鍵 だと思います。


「ボクは君が好きなのに 君はボクを見てくれない。」

「君はボクとは 目をあわせてくれないんだ。」

「ボクはこんなに君をみてるのに 君はボクを見ようとしない。」

「なんで君は ボクを見てくれないんですか?」
 (一部抜粋)


ふと 思いました。
一昨日、会った友達とも 話すときは あんまり相手のほうを
見ていなかった気がするなぁ。
なんでだろうね。
やっぱり 恥ずかしいのかな。

でもね。
じーっと 見られると 話しにくくないですかね?
「えっ!? にらまれてる!?」 とか思うのは 私だけなんでしょうかねぇ。

そして、 最後にでてくる 「おねがい。」 の部分。
あれ、個人的にはツボですよ。
「おねがい」 って言われたら 聞いてあげたくなる
そんな私は やっぱり ダメ男に ひっかかるのかな?(笑)


*栗李*さんのお話を読んでいて いつも思うことは

片思いの相手って 余裕っぽく見えるなぁ

ってこと。
別にお話の中だけってわけじゃないんだけど。
片思いの時って、ちっちゃな事でも自分にとって大事件だった気がするから。
「目が合った」 とか 「今日はちょっと話せた」 とか。
かわいいものだよねぇ。

片思い中は自分のことでいっぱいだから 相手がクールに見えるのかな。
なんてことを考えちゃいました。

ということで、リクエスト。(笑)
 「冷静と情熱のあいだ」 みたいに

男の子の視点から見た恋愛 と 女の子の視点から見た恋愛

のお話 を そのうち 読んでみたいなぁ と思いました。
あ。 もしかしてプレッシャー感じたかな?
[PR]

by white-topaz | 2006-02-11 14:24 | 音楽・本のこと | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://whitetopaz.exblog.jp/tb/732283
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by *栗李* at 2006-02-11 23:21 x
いつもいつものありがとうございますm(__)m
まめ。さんからの感想を読むのが
たのしみでたまらんです☆

確かに見られまくると恥ずかしいしこわいし
正直、私自身も人の目を見て話すなんて
絶対にしないです、、、から
だから「信用ならない」って言われます(笑)

いつも相手は・・・余裕っぽいですな、うん。
でもきっと内心はどきどきですよ、はい。

リクエストを聞いて
今、バレンタインデー目指して書こうとしてる話が
そっち方向にかけそうでかけなさそうで考え中デス☆
「冷静と情熱のあいだ」を見てないから
どんな感じかわからないんですけど、でも
やってみたいのでチャレンジしてみます(・ω・)ノ

でも、期待しないでくださいね(笑)
Commented by white-topaz at 2006-02-12 16:18
*栗李* さま

感想を楽しみにされているようで・・・
どうしましょ。
そんな立派なことは書けないんですけど。(笑)

「冷静と情熱のあいだ」は私もちゃんと読んだことないけど、
一つの恋愛を双方の視点から書いたお話 です。
楽しみにしてますよ~。

<< 変なバトン、回ってきました~。 なやみごと。 >>