inconsolable   

今までと同じようにドアを閉める
編集室の床に散らばったフィルムみたいな非現実な感覚だった
君が何も言わずに出て行ったあの日

眠ろうとしたけど、時計の音が君との日々を思い出させる
もし、君がここにいたら誓う 君に伝えたいんだ

ねぇ
僕は無気力に君のいない日々を過ごすなんて嫌だ
この気持ちをしまっておくということほど、僕にとってつらいことはない
僕はずっと君が戻ってくることを願っていたから

君が去っていくのを思い出すたびにいつも思う
もし、あの時に戻ったら君に伝えられたのに

今でもとめどなく押し寄せる後悔と悲しみを




・・・って何となくで訳してみましたけど。
勢いだけで挑戦してみたまめ。(そして失敗する)
でも、まめ。の語学力としては、これが限界。

ラジオやお店から聞こえて、どっかで聞き覚えのある声・・・!!
と思っていたら、やっぱりそうでしたね。

backstreet boys でした。

というわけで買ってみました、UNBREAKABLE を。
久々のアルバムということで、初回限定盤を買いましたよ。

確かに、 I want it that way や Shape of my heart に
匹敵するくらいのバラードだと思います。
でも、何よりも嬉しかったのは、戻ってきた!って感覚でした。
というのも、最初に inconsolable を聞いたときに 「王道だ!」 って
思わせてくれたから。
これぞ、私が好きだったころの彼ら。

メロディーとか、声とか私が一番好きな頃に戻った感じがして。
これが聞きたくて買ったようなものだったけど、当たりでしたね。
前回のはあんまり好きじゃなかったからなぁ。

でも、気が付いたら Kevin がいなくなってて、びっくりでした・・・。
何気に好きだったんですけどねぇ。顔とか。(笑)
そんなわけで、勝手に inconsolable の最初を日本語にしてみました。
かなり適当意訳も入っていますけどね、そこは勘弁で。
[PR]

by white-topaz | 2007-10-28 22:42 | 音楽・本のこと | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://whitetopaz.exblog.jp/tb/6705291
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hiro428 at 2007-10-29 23:25
私も「backstreet boys」が好きだったのぉ~~~!!
声がね、たまらなくズシンと心に響くのよ。
ケビンは去年脱退しちゃったらしいね。
それと、日本に公式ファンクラブってのがあるらしいよ(笑)
Commented by white-topaz at 2007-10-29 23:29
ヒロ 姐さん

ズシンと響くのは良く分かる!!
そして、時々泣ける!!(笑)

それにしても公式ファンクラブ・・・通ですなぁ、姐さん。
はっ! まさか、会員ですか!?(笑)

<< 席替えの黒幕。 朗報。 >>