遭遇。   

今日も仕事を終えてフラフラになりながら車を運転していたとき。
とんでもないことが起こりました。
さすがのまめ。もプチパニック状態です。
誰でも、パニックになるとは思うのですが。

最初は

え、何!?

だけだったのですが、時間が経つにつれ、恐怖感に襲われ。
あの目は忘れられません。


時刻は9時ごろ。
まめ。の家付近はとても田舎なので(それが素晴らしいところでもあるよ)
街灯もポツン、ポツンとあるだけでそんなに明るくはありません。
それでも、車のライトをつけて走っているから問題はないんですけど。
そのときは、まめ。の車以外、車も通ってなかったのです。

思えば、その何十メートルか前の時点で、何か違和感があったんです。
ただ、そのときの違和感は 「交通安全週間」 による、警察のネズミ捕り
なのかな~くらいにしか思ってなかったんですよ。
パトカーが草むらに隠れていたりするんで、見つかってもいいように
ゆっくり走っていたんです。

・・・あれ?
左側のライトが照らしている先に、何か影になってる。
何か立ってるみたい・・・?

でも、そこから上を見ようとしても、暗闇と一体化していて見えない。
というより、もともとそこから上が存在しない?

まめ。の頭の中に、一つの答えがはじき出されてしまいました。
まさか・・・

まさか


幽霊!?





とりあえず、ブレーキを踏んで、みました。
轢いたら嫌なので。

プチパニックになっているまめ。でしたが、思考力は健在でした。

・・・落ち着け、まめ。
暗いといっても、今はまだ、9時だ。
幽霊の出る時間帯じゃない。

もっと現実的なことを考えろ。
この時期出てくるものを。

・・・あれ。
人間、じゃないな。
4本足で立ってるし、茶色いから。
じゃあ、狸・・・?


いや、違う。
狸にしてはでかすぎる。
見た目がシベリアンハスキーみたいな感じだから。
でも、シベリアンハスキーにしては、胴回りがあまりにも大きすぎる。
・・・と、いうことは・・・?


イノシシ、ですかっ!?


とまめ。が目を大きく見開いた瞬間、イノシシ(と思われる動物)と
目が合いました。
そのまま見詰め合って数十秒・・・。
(まめ。の車は停まったまま)


イノシシ(と思われる動物)は、まるで
「フッ・・・姿がバレちゃ仕方がない。邪魔したな、まめ。」
というようにスッ・・・と道路の脇に移動しました。
まめ。は 「ありがとよ、イノシシ(と思われる動物)」 と心の中で
思いながら車を走らせ、家に帰ったのでした。

あとあと考えると、よくあのとき突進してこなかったなぁ、と。
突進してきたら、車ボコボコだし。
怖かった~!!

ってか、初めて正面から顔を見た、かもしれない。
[PR]

by white-topaz | 2007-09-25 23:32 | 日常のこと | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://whitetopaz.exblog.jp/tb/6423436
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 再び、かぜっぴき。 最近はシリアスだなぁ。 >>