暗号を解読せよ。   

今日はものすごく忙しい1日でした。
次から次へと先生方が出かけてしまい、てんてこまい。
そんな中でも、まめ。は1日頑張って働きましたよ。

で、特別忙しい1日も終わりを迎えようとしたころ。
隣の席の先生が難しい顔をしてまめ。に聞いてきました。

 先生: ねぇねぇ、まめ。さん。
     これ、何て書いてあると思う?


見せてもらったのは、1枚の紙。
そこに宿題とか、次の日の持ち物が書かれているんですけど。
今日欠席した子の近所には同級生がいない・・・とのことで、担任が
連絡しようと思ったらしいのですが、宿題の部分が読めないとのこと。
それで、ずっと悩んでいるらしいです。

まめ。: ②・③・②・③ は分かるんですけど・・・。
     この、○の中に漢数字の 「九」 って何?


その紙には 「22ページ ② ③ ② ③ 」 と書いてあり、その下には
     ○の中に漢数字の 「九」 みたいな文字が入ってるように
     見えました。さらに隣には 「23ページの① ② ③」 と書いてあり・・・。

 先生: ぜんっぜん分かんない!
まめ。: 何でわざわざ ② と ③ を2回ずつ書いているんでしょうね?
     消すのがめんどくさかった・・・わけじゃないし。
     ② と ③ がこの22ページに2つもあるんかな?

 先生: もっと分かりやすく書けよ! って感じじゃない?

微妙に先生、キレてますな。
これは早く暗号を解読しないと。




さっきから気になるのは、○の中に 九 みたいなのが入ってるところ。
ずーっと見てると、あることに気が付きました。

九 が完全な 九 じゃないんです。
「ノ」 じゃない部分が、随分と潰れているような。
それがわかると、途端に潰れている部分が 「~」 に見えてきました。

・・・ってことは・・・
まめ。はその隣にあった 「23ページの① ② ③」 というのを見ました。

まめ。: あー!何だよ、分かりました、これ!
 先生: えっ?何、何?

テンションが上がる先生。

まめ。: これ、おそらく最初は 「22ページ~(から)」 って
     書いたんじゃないでしょうか。 でも22ページのどこからやれば
     いいのかが分からないとか、友達に言われたんでしょうね。
     だからその上に 「の」 って書いたと思います。
     「~」 の上に 「の」 って書いてあるんだけど重なってるから
     「九」 に見えるんじゃないか、と。

 先生: あ~!そっかぁ!!
まめ。: 隣の文章には 「23ページ
     って書いてあるみたいなんで、そう推測してみました。

 先生: いや~!名探偵まめ。だわ!!
まめ。: でも、その② ③ の連続が分からんですねぇ。
     教科書が見れればいいんですけど。

 先生: あ。私、そのクラスの授業は持ってないけど
     1年生の教科書は持ってるよ?

 先生: ほんと!?貸して貸して~!

その教科書の22ページを見ていた先生。
ものっすごい興奮しながら

 先生: まめ。さん、まめ。さん、22ページに②と③があるよ!
まめ。: ・・・あ~! だから②・③・②・③なんですね!
 先生: ん?どういうこと?
まめ。: 多分の話ですけど、ここも入ると思いますよ。

まめ。が指を差した箇所は、「類題」。
例題と練習用の問題の間に、類題ががちょこっとあったのです。

・・・つまり。
今日の宿題は 類題の②・③ と、練習の②・③ ということ。

これだけのことに時間をかけさせやがって。
名探偵まめ。が出てこなかったらどーなってたんだ、あの暗号もどき。
[PR]

by white-topaz | 2007-05-10 22:31 | 学校のこと | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://whitetopaz.exblog.jp/tb/5350075
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 友紀 at 2007-05-10 22:57 x
まめ。ちゃんの名推理っぷりは、コナンくんも顔負けだね!w
(先日コナンくんの劇場版を初めて映画館で観た私です。ハマりそうw)
隣の席の先生も、欠席した子も救われたな(笑)

文字ってさ、読めないとイライラ・ストレスもんだよね!
うちの会社の社長の(超異常に)字がヒドくて…;
まぁ私は毎日その汚い字を見てるから大体読めるようになったんだけど、
現場の社員さんたちは見慣れてないのね。
で、私のところに聞きに来るのよ。「これ、何て書いてあると思う?」と。
それを即座に答えてあげると、尊敬のまなざしが☆☆☆
…なんかね、それを読めるのが逆に恥ずかしかったり…。微妙…;
Commented by white-topaz at 2007-05-11 22:39
友紀 さま

コナンくんに勝ちましたか!(笑)
ありがとうございます。
でも、個人的には 「じっちゃんの名にかけて!」 のつもりで
頑張ったんだけど・・・。

文字はね、汚いとかならいいんだけど、クセが強すぎるのはつらいねぇ。
「どっちだよ!?」ってツッコみながら読んでるから。(笑)
Commented by あおい at 2007-05-12 03:24 x
解読。
国語科には必須です。

師匠「あおいちゃん、これ元はなんていう字だと思う?」
手には漢字練習プリント。
指差した先にはありえない漢字が書かれた熟語。
あおい「師匠、これなんて書いてありますかね?」
手には作文用紙。

でも、その解読はすばらしいなぁ。
今日は怒ってぐったりだったんだけど、
なんとなく幸せな気分で眠れそうw
Commented by white-topaz at 2007-05-12 12:00
あおい さま

英語科にも暗号解読は必須です。
なぜなら、うちの生徒は基本的に字が汚すぎだから。(笑)
でも、こんなんで幸せな気分になっていただけたのなら
解読した意味があるってもんです。

すっごいでしょ?頑張ったでしょ?
今度から 「特技: 解読」 とか書いちゃおーかなぁ。

<< まめ。家ではよくある光景。 どこへ向かおうとしてるのやら。 >>