bruise   

うちのALT (ちょっとかっこいいで毎度おなじみ) と、毎回授業休みに
「日本語で会話しよ」 みたいな感じになっています。
そして、英語とごちゃ混ぜになります。(笑)

で、大体週の初めは 「週末に何をしていましたか?」 というもの。
まさか・・・まさかねぇ。

ものっすごく飲んでた とも言えないし。
ものっすごくカラオケで歌いまくってた とも言えないし。

・・・はっ!
取って置きのネタがあった!


まめ。: I sprained my little finger at the stairs on Friday.

まめ。の小指には今日もシップが貼られています。

 ALT: おぉ・・・!! (ちょっと顔をしかめる)
     Is it broken or just sprained?

まめ。: I think just sprained.
 ALT: Have you seen a doctor?
まめ。: No. Hospitals are closed on the weekend.
 ALT: いたいですか?
まめ。: 痛い!(笑) すっごい青くなってるの。・・・。

・・・はっ。
まめ。の内出血状態は、英語で何と言えばよかったんだっけ!?




しょーがないので、近くにあった和英辞典を調べてみることに。
しかし、その和英には存在せず。

困ったな・・・。
しょーがない、ここは最後の手段で行くか。

まめ。: ここ(小指)が、青くなってるの。 blue・・・でいいのかな。
 ALT: blue・・・あぁ!このいろとおなじ、ですか。

近くにあった青い辞書を指差しながら言いました。

まめ。: そう!それ!・・・は何て言うんだっけ?
 ALT: これは、bruise です。

その単語で調べてみると、そこには 「打撲・打ち身」 と書いてありました。
そうですな。 それですな。
納得していると、辞書を見ていたALT、そこに書いてあった日本語に
興味を持ちました。

 ALT: これは、なんと よみますか?
まめ。: 「だぼく」 ですよ。


うちのALTは、熱心な勉強家です。
漢字も書けます。(ちょっと自慢)
で、何でかな~とか思ってたら、理由がわかりましたよ。

彼は母国で英語を教えたいと思っているらしいのです。
しかも、英語を第2外国語として勉強している人たちに。
日本では 「日本語教員」 がこれに当たるんでしょうかね。
相手の言語もわからないとダメだから、一生懸命勉強する。
見習わなくてはいけませんね。

そんなわけで、まめ。はALTを影からこっそり応援しております。(笑)
[PR]

by white-topaz | 2007-02-27 23:25 | 英語のこと | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://whitetopaz.exblog.jp/tb/4709413
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 完全にやばいです。 まめ。VS ごま。 >>