*いつもの*   

遅くなってごめんなさい。
おはなしの感想です。



あー。
何、このときめきな感じ。
羨ましいわ、こんなんだったら電車通勤したいわ。(笑)

『すき』 だとか そんなんじゃない。
ただしぜんと視線が 君を追いかける。
君は私に気づいてない。 私は君に気づいてる。
ってことはきっとあたし 少なくとも君に 興味を持ってはいる。


主人公の女の子がが 『自分の感情を冷静に分析してる』 ってのがまた面白い。
でも、これって多分、彼女にとって 「最後の砦」 なんだと思う。
「ちょっと気になる、でも恋だとは認めたくない」 みたいな。

自分は気づいてるのに、相手は気づいてない っていう事実に対する
ちょっとした反抗 っていうのかな、それもあったりして。
だって、そこで恋だって認めちゃったら、劣勢でのスタートでしょ?
そんなの悔しいじゃない。(笑)

そんなちょっとした複雑な感情が、こんな表現になったのではないか、と。
でも、相手が自分の存在に気づいたってことは
冷静に分析なんかできなくなるね。(笑)

こういうのを読んじゃうと、 「明日」 にちょっと期待しちゃうじゃんね。
いや、別に明日何があるとか、そういうわけじゃなく。

明日、何かワクワクするようなことが起こるかもしれない っていう期待。
今日の自分とはちょっと違う自分になれたらな、とかね。
それが できれば恋愛絡みでありますように って思っちゃうんだよなぁ。

・・・いや、基本的に年末年始は引きこもりなんですけど。(笑)
[PR]

by white-topaz | 2006-12-30 00:10 | 音楽・本のこと | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://whitetopaz.exblog.jp/tb/4192483
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by *栗李* at 2007-01-02 00:51 x
お久しぶりにお邪魔いたします。
そして、あけましておめでとうございます。
昨年はなかなかいろいろあってまめ。さんのところに
あまりお邪魔することが出来ませんでしたが、
今年はちょこちょこお邪魔させてもらうつもりですので
どうぞ、よろしくお願いします。
そして、いつもいつも感想を書いてくださって本当にありがとうございます。
まめ。さんに感想をもらうってようやく「あー書いた書いた」って
一息つけるかんじになってきちゃいました(笑)
でも、無理なさらず、読むだけでいいので、これからも
どうぞこんな*栗李*をよろしくおねがいします。
Commented by white-topaz at 2007-01-02 01:17
*栗李* さま

あけましておめでとうございます。
そして、いらっしゃいませ。(笑)

私も感想を載せてようやく「あー読んだ読んだ」って気分に
なれるんだよねぇ。(笑)
うん、でもまぁ感想はいつも「書きたいから」書いてるので
そこの心配は全然要らないのよ。

却って*栗李*さんのお話の邪魔にならないかと毎回こっそり
ドキドキしてるんだけど、感想載せていいのかなぁ。(笑)
とかたまに思ってる今日この頃です。(どんなまとめ方だ)

今年もちょこちょこ、こっちからもお邪魔させていただくつもりなので
よろしくお願いしますね。

<< 2006年最後の記事。 これをやらないと、後悔する。 >>