吐竜の滝で、愛を叫ぶ。   

昨日は、デートに行ってきました。
えぇ、毎度おなじみ あおい さんと一緒に。

はい、そこのあなた!!
寂しい人たちだなぁ、とか思わないの!!
そんなの自分が一番分かってるんだからさぁ。


ランチを食べ、腹ごなしにお散歩ですよ。
いや、何となく 「滝でも見に行く?」 みたいな話になり。
マイナスイオンに心惹かれる滝好きの自分としては、断る理由もなく。

行ってきました。
吐竜の滝。

大河ドラマ 「利家とまつ」 のオープニングに使われたんだって。
まじですか。
もっと早く言ってよ、あおいさん。(こんなんばっかり)

「ちょっと歩くよ?」 と言われた通り、10分くらい歩きました。
途中で橋があって、そこから下(川) が見えるんですよ。
こわい。
いや、別にびっくりするほど高くはないんですよ。
何が怖いかって言うと 携帯を落とさないか っていう恐怖。

ポケットに入れてたのでね、落としたらこりゃやばいな、と。
でもまぁ、その橋を渡ればすぐ見えます。 滝が。

ドバドバドバーッ!! と勢いよく流れて、水しぶきがかかってき・・・


・・・てはいませんよ。
水の量が思ったほど多くはないので、なかなかいい感じです。
もうちょっと寒いときにくると、凍った滝が見れるらしいですよ。
でもねぇ・・・近くの看板に 「落石注意」 とか書いてあるの見てしまい。
周りに人がいなかったからかもしれないけど、ちょっと怖かったなぁ。



その帰り道。
まめ。: マイナスイオン満喫したねぇ~。
あおい: そうだねぇ。
      水の音もあるから、今なら何か叫んでも大丈夫じゃない?

まめ。: ふぅむ。 そっかぁ。 なんだろなぁ。
      ・・・そっちこそ、何かあるんじゃない?

あおい: え? うーん・・・あったかなぁ・・・。
      『おまえら、授業ちゃんと受けやがれー!!』 とか?

まめ。:  『おばさんよばわりするなー!!』 とか。
あおい: 『調子乗ってんじゃねーぞー!!』 とか。
まめ。: 『勢いよく振り向いてんじゃねー!!』 とか。
あおい: 『いろんな意味でいい加減にしろー!!』 とか。
注: 最後の2つは本人たちにしか分からないものです。 すいません。

周りに人がいなかったことと、水の音を理由にして、生徒への 文句とか
愛 を思う存分、叫んできました。



さらに、車の中での会話。
あおい: あ。まだ叫ぶことがあった。
まめ。: ・・・まだあったんかい。
あおい: うーん・・・。まぁ、いっか。
まめ。: さけんじゃえばいいのに。
あおい: え。 世界の中心で、みたいな?
まめ。: 『助けてください!!』 みたいな。
あおい: んでもって 『ひ~とみ~をと~じてぇ~♪』 でしょ?

・・・えぇ。
何のスイッチが切れたのか、ことあるごとにこの二人・・・。
何かを叫んでは(森山未来風に)、平井堅の 「瞳を閉じて」 を歌ってました。
平井堅を熱唱する2人・・・。しかも、サビだけ。
自分の将来が心配になってきました。

あおいさんはキャラがばれてるから良いにしても、まめ。はまだまだ
この姿を職場の人に見せるわけにはいきません。
何となく、まだ変な人キャラを前面には出してないと思ってるので。

吐竜の滝は、山梨県北杜市大泉町 にあります。
入り口近くに無料の駐車場がありましたよ。
[PR]

by white-topaz | 2006-12-22 00:00 | 旅行のこと | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://whitetopaz.exblog.jp/tb/4117256
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< まめ。 VS タカシ(自称イケ... ルドルフ。 >>