腹黒い。   

昨日、ある先生と どーでもいい話 をしてたんですけど。
その中での会話をちょっと思い出してみました。

腹黒王子、と言うんですけどね。
まめ。と同い年で、とにかく腹黒いです。(それは本人も認めてます。)
腹黒さでは、彼には勝てません。
普段はそんなに話すことはない・・・ってか、会うこともないんですけど
昨日は偶然、玄関で声をかけられました。

腹黒王子: あれ、もう帰るんですか。
  まめ。: はい、帰りますよー。
腹黒王子: いいですね。
  まめ。: ・・・あ。そういえば、あなたのせいで私まで
       「腹黒」 って言われたんですけど。

腹黒王子: へー。(ニヤリ) 誰にですか。
  まめ。: あおいさんですよ。
腹黒王子: ・・・ふぅん。 ま、合ってるから、いいじゃないですか。
  まめ。: 何をアホなことを言ってるんですか。
       どこが腹黒なんですか。

腹黒王子: ・・・先週の飲み会の後ですよ。
       僕だけ置いていったじゃないですか。




ちょっとだけ説明しておきましょうか。

先週、飲み会があったのは 記事 にしたんですけど。
飲み会後にファミレスへ行くって話があったんですけどね。
(んで、割と大人数で行ったらしいのですが)
そのとき、時間が11時半だったので、正直、眠かったりしたのです。
で、帰ろうと思ったんですよ。

そしたら、あおいさん(酔っ払い) と腹黒王子と、もう一人の先生に捕まり。
途中まで向かったんですけどね。
隙を見つけて、まめ。ともう一人の先生は無事に帰れたんですけど。
腹黒王子はあおいさんに連れてかれました・・・。


  まめ。: 何のことですかねぇ?
腹黒王子: ちっ。 すっとぼけちゃって。
       僕は、まめ。さんたちが後から来て助けてくれるんだろーな
       って思ってたのに・・・!!

  まめ。: ・・・いや、腹黒だから逃げられると思って。
腹黒王子: 確かに逃げたけど!! あれはちょっと傷ついた。
  まめ。: またまたぁ~。 腹黒のくせに。
腹黒王子: 自分だって、腹黒じゃん。
  まめ。: 失礼な!! 私は
       天使のような清らかな心 を持ってるんですから。

腹黒王子: 天使・・・。ぷぷ・・・。(笑いをこらえてる)
  まめ。: 何を笑ってるんですか。
腹黒王子: ・・・その言葉、家で反芻したほうがいいですよ。
       絶対、恥ずかしさで顔が赤くなるから。

  まめ。: なりませんよ!
       何なら、世界の中心で叫んだりだってできますよ。

腹黒王子: ・・・。(笑いをこらえてる)
  まめ。: とにかく!! そのどす黒いオーラをばらまかないでくださいよ!!
腹黒王子: ばらまいてるつもりは、ないんですけどね。


・・・こんな感じの会話をしてたんです。
昭和○年生まれ(まめ。と同い年)の人、あおいさんに言わせるとあなたも
自動的に 腹黒い人 決定らしいです。
どんまい。
[PR]

by white-topaz | 2006-11-25 22:32 | 自分のこと | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://whitetopaz.exblog.jp/tb/3895607
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by あおい at 2006-11-26 06:12 x
人を、悪の権化のような扱いにするのはやめてください。
Commented by white-topaz at 2006-11-26 14:04
あおい さま

いえいえ。
本当にこんな会話でしたよ。
何せ、腹黒2人の会話ですもの。(笑)

<< 何とでも言ってくれ! ちょっと早い忘年会。 >>