またもやぼんやり考えてたんですけど。   

 生徒: せんせー、今単語練習やったら確実に死ぬよー!
まめ。: 死ぬ死なないは君の勝手だけど、「死ぬ」って
     言ってるうちは、まだ大丈夫だよ。

 生徒: えー。ちょっと、ひどいじゃん。
まめ。: 考えてみ?君は今まで「死ぬ」って何回も言ったけど、
     その中で本気で死にそうになったことはあった?

 生徒: うー・・・ない・・・。
まめ。: でしょ?それに君は簡単に死ぬよーな人じゃないと思ってるしね。

・・・なんて会話を最近、繰り広げたばかりだったんですけど。

自殺予告についてのニュースを抜粋です。(一部削除しました。)

文部科学省は9日、伊吹文明文科相あてにいじめを苦にした自殺予告が
新たに1通届いていることを明らかにした。予告では
「私をいじめた人もゆるせない。殺して死んでやる」と殺人も予告している。

同日午前中に届いた自殺予告は、A4サイズの茶封筒に同サイズの
リポート用紙2枚が入っていた。
「私はいじめられています。テレビで男の子の自殺予告文をみて
勇気づけられました。高校二年の女です。私も11日に死にます」
などとつづっている。封筒の表書きは、実在しない「大臣官房室行」だった。

6日に届いた予告文書は、8日までに(送り主の周囲の)状況が
改善しない場合、11日に学校で自殺することを予告している。


注: 多分毒吐きになると思うけど、それでもよかったらどうぞ。



マスコミが連日報道しちゃってますね。
テレビ局の取材は、かなりしつこいってのを聞いたんだけど。
そーなるとあの人たちの 「報道の真実」 って何だろ。
他人を傷つけてまで報道する意味はなんでしょうね?

・・・う。すいません。脱線してしまいました。
いや、公表した文科省も、ちょっと疑問だったんですけど。

確かに、中学生とか高校生って結構簡単に 「死ぬ」 って言うのですよ。
でも、それは決まって疲れすぎたとき なのです。
あとは、携帯を没収されたときとかね。

自分にとって不都合なことが起こるときに、使う・・・って感じ。
うん、前の職場でも、今の職場でもそれは変わらないんですけど。

これ、もしかしたらすごく不謹慎なのかもしれないんですけど。
「死ぬ」って言えるうちは、まだいいんじゃないか と。
本当に自殺する人は、誰にも言わずに行動を起こしてしまうのでは
ないかなぁ・・・。

そういう意味ではこの問題、あまり自分の中で重要視されてないのです。
安心して冒頭の会話も出来るのです。
勿論、生徒の表情 (元気か、それとも悩みを抱えているか) を見ながら
言葉は選んでるつもりですけど。


いつだったか言ったけど、マスコミに訴えるのは、最終手段だと思う。
マスコミに訴えたら、面白おかしく騒がれて終わる可能性だってあるし。
その前に、やることがもっとあるんじゃないかなぁ。

我慢してただ助けを待ってるだけでは何にも起きないって分かってるでしょ。
シンデレラじゃあるまいし。

「自殺予告文を見て勇気付けられた」って言うなら、今からでも遅くないから
さっさと復讐でもしてくりゃいいじゃん。
11日とか言ってないでさ。

あと、「こんな学校なんとかしてください」ってのも書いてあったらしいけど
どこの学校か教えてくれなきゃ、文科省だってどーしよーもないでしょ。
本気なら、なおさらね。


それに、今死んでも何も変わらないんじゃないかな。
びっくりするくらいにね。

・・・辛口ですかねぇ。
でもまぁ、くろまめ。(ブラックなまめ。)が思ってることなんで。
それにこの人、死ぬ可能性は低いと個人的には思ってますので。
こんな日もあります。 はい。
[PR]

by white-topaz | 2006-11-09 21:36 | 考えごと | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://whitetopaz.exblog.jp/tb/3745669
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by はな at 2006-11-09 22:32 x
まったく同感。
言ってるうちは、その人、死なない。
そういう手紙を送る勇気があるなら、もっと身近な人に言え。
その人がとても子どもじみて見えてしまうはなでした。語弊を恐れずに言うならこんな感じ。
自分もいじめられて、登拒寸前までいったクチだから、こういう手紙が送られてしまうという事実自体は決して軽視できないけど。
Commented by white-topaz at 2006-11-09 22:39
はな さま

珍しく、怒ってますねー。
自分はビビリなんで、こんな中途半端な感じになっちゃったんですけど
はなさんの意見に、同感です。

文科省へ送る前に、担任や校長に殴りこんで?行っても良かった気は
するけどねぇ。大事になりすぎ。
これは・・・構って欲しい病(勝手に命名)なのかなー。
リスカしちゃう子もそうだって聞いたことあるし。
どう出るかね?文科省は。
まさか、これで終わり なんてことはないでしょ。
Commented by 古い地球人 at 2006-11-10 00:44 x
人間、いろんな人がいますよ。強い人ばかりじゃない。
助けを求められないで、一人で悩んでしまっている人もいます。
それこそ、何もしたくなくてしていないわけじゃないと思います。
「シンデレラ」を目指して何もしていないわけではない人もいますし、
動けない人に、「何とか動け!」って言うのは酷だと思います。
この間のいじめの文章も読んだのですが、
「自分からうごいてなんとかしろ!」
って方向の話ばかりなので、
自分から動けないで悩んでいる人はどうすればいいんだろう。
って思ってしまいます。
そのあたりは、まめ。さんはどうお考えですか?

自分ひとりでいじめを排除できないでいる人よりも、
不用意に「死ぬ」と言う言葉を使ってしまう、
普通(と思われている)の中高生の方に、僕は問題を感じます。

死は簡単なことじゃない。
絶対に死んではいけない。
そういうことが今ひとつわかっていないんじゃないかと思います。
それがわかっていれば、
「死ぬ」なんて軽はずみに言わないでしょうし、
自殺と言う最悪の事態も避けられるのではないでしょうか。
Commented by white-topaz at 2006-11-10 01:33
古い地球人 さま

「自分からうごいてなんとかしろ!」という気持ちは全くないのですが
そうとも取れるんですね。 参考になります。

自分は単純な人間なので、何をすればいいかすら分からず
悩んでいるときは、一番シンプルな原因を探します。
でも、それを考えるのも苦痛ってことですよね?
(古い地球人さんは、動けない人の気持ちを理解していると感じたので)

なのでそういう生徒がいる時は、私にはその子の話を聞くしか方法が
見つかりません。

最近の中高生は、ゲームなどのバーチャルなものに囲まれてきたから
痛みなどのボーダーが掴みづらいんです。
だから、「絶対に死んではいけない」 という常識は彼らにとって実感できないのでは?

よく考えてみれば「笑いすぎて死にそう」とか「空腹で死にそう」とか
そういう使い方を私たちもしてますよね。
それは比喩というか、分かりきった冗談もあるのですが
彼らはボキャブラリーの幅が狭いので、それを比喩だと
認識できないかもしれません。
そして、理解に苦しむ発言が出る・・・それが古い地球人さんが懸念されていることだと思います。

<< 偏った食事。 ビン? パック? >>