よろず屋東海道本舗。(全9巻)   

冴凪 亮(さえなぎ りょう) さんの作品。
5年前に一人暮らししてる友達の家に遊びに行く途中
本屋さんで出会っちゃいました。
当時、1~3巻まで出てたんですが、この2巻の表紙に
一目ぼれして(笑) 買っちゃいました。
読んでみたらなかなか面白かったのです。 アタリでした。

あらゆるものに守られ縛られているようで実は
              その行く手は無防備にさらけ出されているのだ

と言う言葉は、ここから借りたものです。

なんでも屋さんをしている志摩 義経(しま よしつね)くんと元・依頼者で
超人気モデルの「キョウ」こと駿河 香(するが かおり)くんが
いろんな事件を解決するのです。

しかし、志摩くんには志摩くんの、香くんには香くんのかなりやっかいな事情が
付きまとうのですよ。
だから、一つ一つの台詞に重みがあるんですけど。

復讐という言葉は それを盾にして何をしても許される感覚に
                    陥りそうに思えて それが怖いんだよ

とか
"誰かのため"ってのはきわどいと思う
             対象になった人間が "原因"になっちまうからな

など。

でも、コメディーの部分も強くて、志摩くん(表紙の人物)が女装しまくってたり
2人の掛け合いがスキ。 読んでみてください~。
ちなみに、まめ。はどっちかっていうと志摩くんのほうが好きです。
かわいいから。(笑)
[PR]

by white-topaz | 2006-01-04 15:25 | 音楽・本のこと | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://whitetopaz.exblog.jp/tb/274829
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by dessert0512 at 2006-01-04 20:41
マンガのセリフって結構印象深いものが多かったりしますよね。
自分もよくマンガ読むけど、下手な映画よりいい話だったするもん。
Commented by white-topaz at 2006-01-04 21:18
デザさま

まめ。のボキャブラリーや考え方は、マンガ仕込みです。
やっぱり、話がしっかりしてるからですかねぇ。
Commented by sky at 2006-01-04 23:41 x
漫画って奥深いですよね。個人的には

「誰かのため"ってのはきわどいと思う
対象になった人間が "原因"になっちまうからな」

っていうのが印象的でした。
ちょっと前は「天は赤い河のほとり」「動物のお医者さん」、最近は「NANA」にはまってます。
Commented by white-topaz at 2006-01-05 14:51
sky さま

マンガってすごいよ~。(しみじみ)
あ。ここでも「動物のお医者さん」→動物関連のものが出てきたね。
skyさんの動物好きがよくわかるよ。(笑)

<< おみくじ。 駅伝? >>