今日は少し真面目な話を。   

去年の10月に、当時中学1年生が母親を殴り殺した
という事件があり、私が受け持っていた中1の生徒も
大きなショックを受けていました。

「ひどいよ」
「自分と同じ年の人が起こした犯罪に、ショックを受けた」
「何で、自分の親を殺すんだろう?」


自分の授業でも、そんなことを言っていました。
そんな生徒たちに 私が言ったのは

「みんなが知らない人たちも同じ様に思ってるよ、きっと。
それでね、『中学生は簡単にキレる』って思う人がまた出てくるんだ。
みんなのいいところを知らないのに、今回の中学生と、みんなを
一緒に考えてしまう人がいるんだよ。 悲しいよね。

みんなと同じ年代の人が一つ悪いことをすると、それがそのまま
みんなのイメージにつながってしまう、ってことを覚えておいて。

それと、一つの悪いイメージを取り払うには、その5倍も6倍も
良いことをしなければいけない、ってこともね。
これは、普段のみんなにも言えることだよ・・・。」


・・・多分こんな感じ、でした。
彼らがどこまで理解できたかは分かりませんが (だって中1だったし)
少しでも伝わってくれればいいかな って感じで話しました。


そして、今。
最近の事件 について自分も考えざるを得なくなった気がします。

多分、今も中学校にいたら 「へぇ・・・ また高校生の事件かぁ。」 で
終わっていたでしょう。
あんまり真剣に考えずに。
今は・・・何だろ。
高校生に愛着がわいたので(笑)、少し考えられるようになりました。


でも。
今回の事件で、長男が行方不明 ってことを知ったとき

この子が犯人かもしれない・・・。

と思った自分がいました。
結局、自分も偽善者だった ってことです。
分かってるふりをして、実は疑ってかかっていた。
矛盾する自分に 吐き気すら感じました。

注: ここからは読まないほうがいいかもしれません。



と同時に、不愉快になったのが校長先生の対応。
連絡が繋がらないらしい・・・という質問に対して

「意思があれば本人から連絡がかかってくるでしょう。」 (・・・かな?)

と言っていた気がしました。(うろ覚えですいません)
何か事件に関わっているっぽいから、その子とうちの学校 (あるいは自分?)
とあんまり関わりたくないなぁ、みたいな言い方。

そんな印象を抱きました。


事件の背景には

試験の成績がよくなかったから とか
父親との軋轢 とか
家庭の事情 とか

色々挙げられている。


そして、きっと今日もニュースで、キャスターやどっかの偉い人たちが
その分析結果を偉そうに言うのでしょう。
そして、教育や他人の家庭について、口を挟むのでしょうね。
当事者は置き去りにして 一方的に自分の世界を 価値観を披露する。
誰にも邪魔されない、メディアという 安全なステージで。

そして、それを見た視聴者たちは、今日も「メディア」で得た知識をもとに
事件とは無関係な場所で 好き勝手に批判するのでしょう。
「かわいそう」 という言葉を使いながら。

そんな偽善的な雰囲気に 少しだけ気分が悪くなった。
(自分が見なければいい話なんだけど)


追記
今回はちょっと、批判的ですかね。
でも、前から思っていることを吐き出してみました。(特にメディアについて)
以前、ニュースで某局のアナウンサーが (司会をしている方)
現場をろくに知らもいないのに学校・教育について云々と語っていました。
そして、その人の言葉は、ひどく上っ面で説得力がないものでした。
(自分にとって、です。)

・・・話が脱線してしまいました。 すみません。
自分も現場や事件の背景をよく知らないのでこんなことを書ける立場では
ないのですが、個人的な感想を 追記 として書いてみました。

[PR]

by white-topaz | 2006-06-24 23:30 | 考えごと | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://whitetopaz.exblog.jp/tb/2611416
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hiro428 at 2006-06-24 23:55
殺人事件のニュースを見るたびに「最後は誰でも死ぬにしても殺されるのだけは絶対に嫌だな」って思う。
そして、それがいつ自分の身にふりかかるかって考える。
通りすがりに見ず知らずの人に刺されるかもしれないしね。
どんな事件、事故でも専門家の意見ってニュースで流れるけど、それで食っていける人がいることにビックリ。
そんな専門家って、普段何してるの???ってことが気になる(笑)

ごめん、まめさんは真面目に書いてるのにアホなコメント残して・・・。
Commented by white-topaz at 2006-06-25 00:03
hiro さま

全然おっけーですよ!!
1日自分の中で黒くて重いものがずっとあって、それを一気に吐き出したら
こんな汚い記事になってしまったので・・・コメントを頂けてすごく嬉しいです。
hiroさんのコメントを読んで、ちょっと素に戻れた部分もあったので
却って感謝しなければいけません。
ありがとうございます。

専門家は・・・そうですねぇ。
大体が「○○大学の教授」とかじゃないですかね?(笑)
いや、よくわかんないですけどね、何となくで。
Commented by *栗李* at 2006-06-25 02:03 x
おじゃまいたします、こんばんわ。

なんか改めて
「あ、こういう時にメディアリテラシー教育って必要になってくるんだろうな」
って感じました。うん。すごく。
メディアってすっごい力を持ってて、
やっぱそういった場ではそれなりの配慮が必要で
また、それを見る人も何が信じられるものなのかを
見極める力って必要になってくるんですよね、きっと。

うん、あの校長はヤな感じ。
「なにかあったら」って、本当になにかあったとしたら
連絡の仕様がないっていうのにね、あの半笑いにあの発言は
ほんとにイラっときちゃいます。
「学校は関係ないでしょ」みたいな感じ。

今日(昨日?)のお昼はおいしいもの食べてきちゃいました(^^)
Commented by white-topaz at 2006-06-25 09:01
*栗李* さま

おいしいもの食べてきたかぁ~。 良かった~。(笑)
あ、そうそう。 勝手にトラックバックしちゃいました。 ごめんね。

でも、*栗李*さんの記事を読んで、自分も書いてみようかなーと思ったんだよね。
前から思ってたことだっただけに、書くきっかけをくれてありがとう。

校長の件は・・・
「教育」が関係するから、ちょっと過敏になっているのかもね、私達。(笑)

でもね、こんなことを書いてる自分も、結局は
「事件とは無関係な場所で好き勝手に批判する人間」 の一人なんだよね。

周りで「最近の高校生は・・・」とか言ってるおばちゃんや 知ったかぶりの偉い人
と一緒なんだよ。
何かね、それに気付いたらまた気分が悪くなった・・・。

<< 重ねたこの手を 今度は離さない。 今週のまめ。と生徒。 >>