どーすればよかったんだろうねぇ?   

<高3自殺>カンニング疑われ…母親が埼玉県を賠償提訴
 埼玉県所沢市の県立所沢高校で04年、カンニングを疑われた3年男子生徒が飛び降り自殺した問題で、生徒の母親が県を相手に慰謝料など8000万円の損害賠償を求める訴訟を起こした。

 訴状によると、生徒は04年5月26日、中間試験の物理のテスト中、日本史のメモを見ていたため試験監督の教諭にカンニングを疑われて注意された。その後、生徒は教諭5人から約2時間にわたって「なぜ物理の試験中に日本史のまとめを読む必要があるのか」などと問い詰められた

 生徒はカンニングを否定し、下校。同日夕、母親の携帯電話に「迷惑をかけてごめんね」とメールを送った後、飛び降り自殺を図って死亡した。



一部省略しましたけど、この件について、他の方のブログを読んだところ
太字の部分は必ずしも 5人の教師がまとまって1人の生徒を問い詰めた
ってわけではないんですね。
もしかしたら、1人1人交代で聞いていたのかもしれないってこと。
うっかり間違って読み進めるところでした。 危ない危ない。


・・・高校時代に似たような経験をしたかも。
国語の宿題を提出したら、自分のと友達のが返ってこなくて
K先生に聞いてみたところ、「2人の答えが全く同じなんだがな。」
という答えが返ってきました。

確かに2人の答えは同じところで、同じ間違いをしていましたが
お互いに、そんなことは知りませんでしたよ。
で、「あ。本当だ。」と言ったら、その宿題で頭を叩かれましてね。
緊張感のない返事だったからかもしれないけど。
でもね、思いましたよ。



こんなすぐバレるようなことをするわけないだろ って。
実際、人の答えを写している人なんていくらでもいたよ。
あんたなら 誰なのかもわかってただろ。
・・・と 友達と2人、すごく理不尽な思いをしました。
で、結論は 教師は見てるようで見ていない ってことでした。

これは、生徒時代の体験。
でも、実際教える立場になったら、ちょっと考えますよ。

机の中は空にする。(カバンも掛けておかない)
机の上は筆記用具のみ。
疑わしい行動は取らない。


この3点セット。(似たようなことも含めます)
必ず言われていたのではないでしょうか。
これを守れなかったら、やっぱり疑われても仕方ないかな
って思います。  高校生だしそこは分かるでしょう。
実際、このルールを無視してたってことは 見つかっても
自分で責任をとれたはず・・・ですよね。

そう思ったのは、こんな仮定が思い浮かんだから。
この生徒、この中間を乗り切ったとしても もし半年後の
センター試験や入試で同じ様な疑いをかけられたら・・・
彼はどうするつもりだったのでしょう?
やっぱり同じ行動を取った?


教師って職業は 相手を疑わなければならない
って聞いたことがあります。
(良い表現がでてこなかったので誤解を招くかもしれませんが)
信用してしまえば、一番楽なんですけどね。
生徒を信用しすぎると、ささいな表情を見逃してしまう。
だから、「大丈夫」 ではなく 「大丈夫か?」 という目で見る。
ずるい人間(人を騙すとか)にさせない精一杯の配慮かもしれません。


・・・本音はもっと汚いですけどね。
恐くて書けないだけです。
[PR]

by white-topaz | 2006-06-17 14:26 | 考えごと | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://whitetopaz.exblog.jp/tb/2537361
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< まくら投げ。 まめ。新聞。 >>