研修のひとこま。   

町内の学校に勤めている先生が集まり、その町の色々なところを散策し
町のことをもっと知ったり、授業にいかそうよ!

…という、研修がありました。
毎年1回は、こういうのをしております。
そばのやつとは違うんたけどね。


遊んでるわけではないのよ( ̄^ ̄)
生かすのか、といえば…ちゃんと生かすのよ!
今年は総合的な学習の時間でね!!(どやっ)


お話を聞いて歴史を学んだり、なかなか見ない植物を見たり。
これがまた後々社会科や理科で役立つのですよ。
ちゃんと還元しているのです。


ま、話を聞いている間、うちの学校の人たちは相変わらず
お笑いに走るんだよな…(-_-;)

まめ。も含めて(苦笑)
校長、教頭、不動明王(5年)、まめ。(4年)がいると
大抵お笑いに走りますね。
管理職がボケて(痴呆とかではなく)、我々がツッコむ。
そんなのばっか(´・ω・`)





休憩中の話。
珍しい果物のアイスがありました。
それをオススメ品のひとつにしているのですが。
まめ。は食べたことがありません。
ちょっと高いんだよね(´・д・`)
300円かぁ…一人で食べるのは、ちょっと気が引ける。
甘くて美味しいらしいのですが。


「まめ。先生、食べたことはありますか?」と聞いてきたのは
かつての教え子。
えーっと…時代的に言うと、おーじとか言ってたときだから
2007年あたりかな。

つか、この子、記事にしてるな。
パンの食べ方がおかしいだろ、っつーやつで。
気になるかたは、過去の記事へ。

あ、そうそう。
その子が事務職員で他校に来ているようです。
(それがわかったときの周りの反応が面白かった)


で、聞かれたのですよ。
「ない」と答えたら「そっかー。食べてもいいですか?」と聞かれましたわ。
「許可、いらんだろ。食べなよ(;´д`)」とツッコミましたけどね。

アイスを用意しているあいだ、お金を用意していた教え子。
振り替えって、こちらをチラ見しました。
(´・ω・`)みたいな顔で。

まめ。:「…なんだよ、どーしたよ。」
教え子:「…150円しかないです…。」
まめ。:「しょーがないな、300円くらい出してやろう。」
教え子:「あ、ありがとうございます…!」

そのやりとりを生暖かく見守っている店員さん。

まめ。:「あ。…まじか。かっこわる。」
教え子:「ま、まさか…。
まめ。:「…200円しかなかったわ(苦笑)」
教え子:「(笑)」
まめ。:「ま、とりあえずこれで。のこり100円出しとけ。」
教え子:「いやいや、50円払います!!」

そのやりとりを笑って見てる店員さん。
スプーンを2つ持ってきてくれました。

まめ。:「あ、すみません。スプーンまで。」
教え子:「半分ずつですねっ!」
まめ。:「え、いーよ。一口もらえれば。」
教え子:「ダメです!半分です!」
まめ。:「つーか、もうすぐ次の場所へ移動だし。」
教え子:「な、なんと!」

とかいいながら、5口かくらいもらい、あとはあげました。
次の場所についたら、もう食べ終わってましたがね。


それにしても、きまらないな~…(´・ω・`)

[PR]

by white-topaz | 2015-08-23 21:06 | 日常のこと | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://whitetopaz.exblog.jp/tb/24394836
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 自由研究発表会。 ヤスミオワリ。 >>