今年の研究授業。   

今年は、俳句をしました。
夏の俳句、ということで夏に関わる季語をさがしたり
毎日川柳を作ったりしたけれど。


まぁ、小さい単元だったから、授業案を作るのにひと過労。
泣きそうになりましたよ(´・д・`)


原稿を重ね続けて、8回。
よーやくできあがりました。



…突っ込まれたけどね(;´д`)
まぁいいのさ。





当日は、何処かのテレビ番組のように写真を見せながらつくりました。
良かったのか悪かったのか…まぁ、イメージはできたのかなぁ。
特に、生活経験の少ないない子どもにはイメージしやすかったかと。


いっぱい作り、発表もなかなかうまくできました。
ただ、そこから内容が膨らんだかといえば、そうでもなく。
そこが残念だったかな、と思います。
でもまぁ、楽しくできたから、いいかな。


去年は発表原稿を推敲するために、iPadで録画したものを見た
という、うちの学校では画期的な方法を使ったのですが
今回はそういうのは何もなく(´・ω・`)
何かすればよかった。


見にきていただいた先生方から、よく書けているとは言われましたが…
褒めるところがなかったのかしら(_ _)
あ、あと、「よく最後まで発表ができている」とも言われた。
普通は、途中で終わることが多いから。
言い切っているのが、偉いね…と。

でもまぁ、あんなに面白いものをかけたのは、うちの学校くらいかなぁ。
他の学校へ行ったときに俳句を見たけど、優等生的な感じだったから(笑)


…( ゚д゚)ハッ!
面白さを狙えばいいのか!←違


でも、何か面白いっていいよね。
楽しくなれるもん。
[PR]

by white-topaz | 2015-07-16 18:13 | 学校のこと | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://whitetopaz.exblog.jp/tb/24254822
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 他校の研究授業。 風邪引いた。 >>