ほしかったものは。   

共感的理解 だったのに
周りが出してくるのは、解決法。


真綿で首を絞められるような不快感を感じている。
体調にも現れているし。


優しさの押し売り なんか、いらないのに。



そんな状況を見かねたのか、校長に呼び出されたんだが。

カウンセリングみたいな感じだった。

大分失礼なことを言ったりしたが…気持ちは軽くなった気がする。
何だかんだで長時間話したなー。


大きな我慢をしてるんだってさ、私。
知らなかったよ。

あと、解決法は求めてない、ってのも言ったし
周りの人間のことが信じられないと言ったし
こういうのを言ったところでどーにかなるのか、とも言った。


…このブログで常々思ってることは伝えたつもり。
あとは…どーでもいーや。
[PR]

by white-topaz | 2015-06-18 22:20 | 考えごと | Comments(0)

<< いやぁ…。 頭ではわかっていても。 >>