ささやかな反撃・2   

前回は高2の頃の話をしましたが、今回は高3の頃の
話でもしてみましょう。


前回から1年後の学園祭。
またまた 似顔絵係 になりました。
前回とメンバーはあまり変わってなかった気がします。

しかし、今回はみなさん ものっっっすごくやる気でした。
(自分も含めて)

友人A: 今年こそ 骸骨 でしょっ♪
まめ。: もちろん。
友人B: 背景はどうする?
友人C: 墓地とかにしちゃおーよ。
     英語だからさぁ、十字架も描いちゃって。


みなさん、2年(あるいは3年)間の鬱憤を晴らすかのように
1枚のイラストを仕上げることに 全力 を注いでいました。

合言葉は 「最後だし。」
正直、何でもありでした。(笑)

友人A: 墓石にさぁ、ホネの名前書こうよ。
友人B: あはは。 いーね!
友人C: 口癖の"Shall we begin?" と
     "Let's begin" も入れちゃおー。

まめ。: ・・・何か有り得ない方向へ行ってる気がする。
友人A: いーじゃん。 まめ。は真面目だねぇ。



まめ。: ・・・ま、いっか。 最後だし。
友人B: そーそー。最後だし。
友人C: 去年から暖め続けたアイディアだもん。
    全部使っちゃわないとね。



何だ、こいつら。 (自分だけど)

みんな、やる気がありすぎたのか
提出締め切りの3日前には既に仕上がっていました。
(ギリギリまでかかるのが普通。 自分たちが普通じゃなかった。)

背景は墓地で、全身骸骨になったホネが棺おけから出てくる
・・・というイラストです。
これを張り出したところ、他のクラスから褒められました。

「ホネ先生へ。
いつもいつも英語の時間とかでお世話になっていますが
ものすごく苦痛でたまりません。

(中略)

そんな訳で、今年はチャレンジしてみました。
去年から暖めておいた超大作です。
でも、今年が一番似てるでしょ?」

・・・みたいなことを担任紹介のコメントで書いた気がします。
そして、それも一緒に貼りだされました。

この瞬間からまめ。はホネ先生のになりました。
今までずっとネコかぶってたんだもん。
裏切られた感じにはなるでしょうね。


余談ですが。
この絵もまた、ホネ先生に持っていかれました。
そして、何故か卒業式の後で、私、このイラストと一緒に
記念写真を撮ってます。
よっぽど 力作だったんでしょうね。
今見ても、鳥肌が余裕で出ます。(笑)
[PR]

by white-topaz | 2006-05-30 23:01 | 学校のこと | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://whitetopaz.exblog.jp/tb/2351972
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hamajio1o1 at 2006-05-30 23:37
メンバーがほとんど変わらないって・・・(笑)
よっぽどみなさん骸骨が書きたかったのでしょうか。
一年は温めすぎですって(焦)
まさに「欝憤晴らし」

おもしろいですねぇ〜。
文化祭で似顔絵というのはどんな出し物なのですかね?
僕の高校は三年は文化祭に出ないで自宅学習という有り得ない規則がありました(泣)
Commented by white-topaz at 2006-05-30 23:56
はまじ さま

そうなんだよねぇ。
みんな、ストレスたまりすぎだよね。(笑)
いや、普段から小さい反抗はしてたんだけどね。

似顔絵は、担任の似顔絵を描いて、どれだけ本人と似ているかを
競います。 画力だけではなくて、アイディアも必要ですね。

ちなみに 骸骨を描いたら2位に輝きました!
わーい。

<< まめごはん。 仕事について。 >>