どうしたって、泣ける。   

朝ドラの主題歌だったんですね。
恥ずかしながら、この前、音楽の時間に初めて知って
歌っていたら、まぁ泣ける泣ける。

今もyoutubeで聴きながら、号泣です。
理由なんて、わかりません。
でも、勝手に目頭が熱くなるのは、しょうがないでしょう?


多分、最初はメロディー。

その次に、歌詞。


本日、音楽担当の先生に
「歌いながら泣けてしょうがないんですー!もう、私、歌えません!!!」
と訴えてきました。(笑)
すごい笑われ、「みんなの前で歌わなきゃダメでしょ」と言われたけどね。
いじわるだ!



泣けたところを抜き出してみました。
単純に、泣きたかっただけかもしれない。



泣きたい日もある
絶望に嘆く日も
そんな時そばにいて
寄り添うあなたの影


本当にだいじなものは
隠れて見えない

ささやかすぎる日々の中に
かけがえない喜びがある


いつかは誰でも
この星にさよならをする時がくるけれど
いのちは継がれてゆく

生まれてきたこと
育ててもらえたこと
出会ったこと笑ったこと
そのすべてにありがとう


「いのちの歌」
(作詞:Miyabi 作曲:村松崇継 歌:竹内まりや)



よくわかんないけど、聴いていると色々フラッシュバックして
感情がこらえきれなくなり、涙となって現れる。

生きているうちに、自分ができることを。
そして、今までの出会いと別離に感謝を。
[PR]

by white-topaz | 2014-02-04 23:28 | 音楽・本のこと | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://whitetopaz.exblog.jp/tb/21376627
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< うちのポスト。 まったり。 >>