口調が変わるとき。   

あるところからFAXが学校に届いたときのこと。
簡単に言うと各学校に、こんなお知らせ。

「若者みんなで一緒に飲み会をするから、来てね♪」


・・・。

そもそも、うちの学校の若者、そういうものに積極的ではないね。(苦笑)
まめ。も、正直、苦手なんですよ。
色々なところに気を遣わなきゃいけないから。
しかも、ほぼ知らない人たちっつーね。


さらに言えば。
申し訳ないが、今、うちの学校はそれどころじゃないんすよ。
しかも、参加締切が、その日だったっつーね。(笑)
それを見た先生(酉)が頭を抱えておりました。

 先生: 断るのも気が引けるし、いっそのこと誘ってくれない方がマシだ・・・。
まめ。: あらまー・・・。うん!?

何気なくそのFAXを見ていると、見たことある名前。




 先生: あー・・・胃が痛い・・・。
まめ。: ねーねー。その電話、私がしようか?
 先生: えっ!? でも悪いよ。そんなまめ。先生に押し付けるよーな・・・。
まめ。: いや、つか。多分、このFAXの送り主、高校の同級生だから。
 先生: はぁっ!? マジで!? じゃあ、お願いしてもいい?
まめ。: うん。いーよー。


ま、高校の同級生って言っても、当時はほぼ話してないけれどもね。
むしろ、仕事を始めてからの方が、話したぐらいですね。(苦笑)
その人物とは2か月くらい前にも仕事の関係で会ったし、さ。
まぁ、問題ないだろ。


そんなわけで、まめ。が電話。


 先生: はい、〇〇学校です。
まめ。: あ、△△のまめ。と言います。〇×先生はいらっしゃいますか?

 先生: もしもし?
まめ。: あ、〇×ちゃん? まめ。ですけれどもー。
 先生: あれ、まめ。ちゃん!何でぇ、そこにいるだけぇ?
まめ。: うんそーだよ・・・ってこの前、話したじゃん。
 先生: あ、そーだ。(笑) あ、FAXの話?
まめ。: うん、そうなのー。今、うち、大変でさぁ。。
      この前のドカ雪がさぁ、まだ融けないで凍ってるっつーこん。
      おまけに・・・(その他の諸事情話し中)でさぁ、ちょっと無理さ。

 先生: そーなの?酉年先生は?
まめ。: あー・・・それが一番来れんのよ。
      そもそも、帰るのにみんな必死っつーこんね。
      彼女が一番条件的にあぶないんだわ。(笑)

 先生: そっかー。じゃあ、欠席だねー?
まめ。: そう。悪いじゃんねー。



・・・電話、終了。
それを近くで聞いていた校長、吹き出す。

 先生: まめ。ちゃんさぁ、すごい喋り方だねー。
     だってさぁ、『つーこん』とか、今まで聞いたことないもんね。

まめ。: いや、今回の電話の相手とはこれくらいでいいんです。

校長、いくらなんでも笑いすぎだ。
とか思っていたけれども、その日は職場で新年会があったため
急いで学校を後にしたのでした。

普段はこんな喋り方はしないんですけれどもねー。
[PR]

by white-topaz | 2013-01-20 23:01 | 学校のこと | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://whitetopaz.exblog.jp/tb/18365412
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hiro428 at 2013-01-21 12:35
“っつーこん”って方言!?
ちょっとしか離れてないのにあるもんだよねぇ~。
母の実家は千葉の九十九里のほうなんだけど、母がいとこなんかと電話してると、「そうださー」とかよく使ってるよ。
Commented by white-topaz at 2013-01-21 22:20
ねーさん

方言・・・なのかなー?そーかもしれん。(笑)
想像通り「~ということ」って意味だけどさ。
「そうださー」は知らなかったなー。
方言も面白いよねー。

<< マジカヨコジカ。 へー、あーそーなんだ。 >>