酒は、入っていない。   

もー何回も何回も記事を書いてたら消えるし!!
挫けそうになったけど、書いてやったぜ!!
しかも、常々考えていること。

ある日、夜7時を回ったころに、他の先生と話をしていました。

そのときの話題は、ALTの先生のこと。
悪いことではなく、「いつもうちに来るときは楽しそうだよねぇ」
ってことなんだけれども。


・・・実際、楽しいと思いますよ。
授業について、彼のブログに書いてあるけれども
楽しそうな雰囲気は読み取れるし。


この前なんて、「〇〇忘れたんだけど、ここにある?」ってなことを
他の先生に聞いて、無事に解決したし。
(まめ。は一切知らなかったけど、それはそれでよしw)



・・・が。
他は、どーなのかねぇ。



白文字白文字。

小学校の「外国語活動」ってのは、大変ですよね。
英語を話さなくてもよかったところを、急に来て(?)
それで、あたふたしている。

別に、その件については悪くいうつもりはない。
まめ。もあたふたするもんね。

ただ、何だろーねぇ・・・。
唯一我慢できないのは、「蚊帳の外」っつーか「仲間外れ」
みたいな空気に持っていこうとするのが、嫌。


「日本に来てるんだから、日本語でしゃべればいいのに」


日本人に人気な海外は、どこも「日本語が通じる」でしょうよ。
「日本語がほどほどに通じる」からそこへみんな行くんじゃないのか。
日本語が全く通じない場所に、行こうと思うのか。
何だかんだの理由を付けて、行かねぇだろ。

日本に来て、日本語を勉強しようと思わない外国人なんていないよ。
だから、ちょっとずつでも、勉強しようとしているでしょう!?
なぜ、それを認めようとしない?


特に、小学校。
どうして、ALTとコミュニケーションを取らないんだ。
「取れない」んじゃない。
「取ろうとしない」の方。

英語がしゃべれないから?
喋れなくたって、コミュニケーションを取ろうとする態度は示せる。
英語がしゃべれないけど「話そう」としている先生だっている。
カタコトでも「話そう」という気持ちが見えれば、理解はしてくれるんだよ。
私たちだって、カタコトの日本語で話しかけられたら
何とか返そうって思うでしょう。

そういう人がいれば、ALTも異国で頑張ろうって思えるんだよ。
どうして、その気持ちを汲まないの。

授業の話になるならば。
ALTがいても、デジタル教材で発音を済ませる小学校もあるらしい。
じゃあ、ALTは何しにその授業に来てるんだ。
居場所がないってことほど、苦痛なことはないんだよ。
何か1つでも仕事があれば、一緒にゲームをすることができれば
彼らにとってモチベーションは保たれるのに。

「外国語活動」では、歌みたいなものも歌うから
そこはデジタル教材を使わなきゃ、だけど
普通に読んでいるのを聞いて作業するところなら
ALTに読ませちゃった方がいい。
ゲームだって、一緒に遊んだ方が、子どもも嬉しいって。


ALTが面白くない表情をしてずーっと突っ立っているのなら
その授業は失敗なんだよ。
そんな表情のALTを見て、子どもは「英語って楽しそう」なんて思えない。


外国語活動に四苦八苦している先生がこれを読んだら
きっと、怒るんだろうな。
でも、もう一度見直してほしいんです。
ALTに対して、距離を取っていませんか。
授業中の、表情を見て見ぬふりをしていませんか。
それを「しょうがないじゃないか」で済ませてはいませんか。


・・・改善なんて、できるんですよ。
だって、私が「外国語活動」の授業をしている小学校では
他の先生も頑張ってコミュニケーションを取っているもの。
そういう環境を職員自身が作っているんですよ。


「ALTと話すときは英語で話せ」なんて言うつもりはない。
でも、ALTを「いないもの」として扱うのだけは、やめてほしい。
その態度、必ず子どもに伝わるから。
コミュニケーション能力が、これだと思う。

一緒に仕事をしている人間から、個人的なお願いです。

[PR]

by white-topaz | 2012-10-21 00:47 | 考えごと | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://whitetopaz.exblog.jp/tb/18087402
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 初参加。 あ゛ーやられた。 >>