ダイヤモンド。   

いや、別に宝石が欲しいわけではなく。(笑)

急に BUMP OF CHICKEN のこの曲が聴きたくなったので聴いています。

jupiter / BUMP OF CHICKEN
←このアルバムの中に入っています。
何かねぇ。
急に聴きたくなったのですよ。


ひとつだけ ひとつだけ その腕でギュッと抱えて離すな
世の中に ひとつだけ かけがえのない 生きてる自分
弱い部分 強い部分 その実両方が かけがえのない自分
誰よりも 何よりも それをまず ギュッと強く 抱きしめてくれ

(ダイヤモンド)


・・・という歌詞にね、強く惹かれたのですよ。
当たり前のことを言っている なんて思うかもしれませんが
今でも考えるんですよ。

未熟なところや弱いところを どこかに置き去りにしていないかって。

自分の「弱い部分」を受け入れもしないで、他人を受け入れる
・・・なんてことはできるはずもないですから。



他にも jupiter にはまめ。の好きな曲がたくさん入ってます。
曲名を挙げておくと・・・

Stage of the ground
Title of mine
メロディーフラッグ ・・・などなど。


BUMP OF CHICKEN の音楽に助けられたこともありますし。
背中を押してくれたというか。
ちゃんと「泣けた」というか。
苦しくて苦しくてどうしようもなかった時
そこから抜け出すきっかけをくれたのは
友達でもなく、家族でもなく、職場の先輩方でもなく
間違いなく 彼ら でした。

初めて 「音楽で救われた」 と感じました。

だから私にとって 彼らの音楽は「必要」。
大切な人たちなのです。


・・・それに、何と言っても
藤原さん、かっこいいしね。 (笑)
結局、そこですよ。
[PR]

by white-topaz | 2006-04-11 22:59 | 音楽・本のこと | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://whitetopaz.exblog.jp/tb/1728664
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 初授業をやってみた。 萬斎フリークに77の質問。 >>