ガラクタ追放。   

今年は、どうやら自分の中で
「お掃除」「リセット」がキーワードみたい。

そんなわけで、まめ。が今年買ったお掃除本。
今まで見向きもしなかったけど、今年は気になる。
まずは、これ。

幸運を呼びこむガラクタ追放術

ジーニー / サンマーク出版




これは、今年に入ってすぐくらいに購入。
本屋さんで立ち読みしてたんだけど、どーしても
手元に置いておきたくなったので。
直感的に、やり方が気に入ったんだと思うんですよ。

『とりあえず』で取っておいた紙袋、もう聞かないCD
読み返すことのない本、昔の恋人にもらった品物

昔は似合っていたのに今は似合わない服
同じ色・似たようなデザインの服
同じく、何本もある同じ色のペン
本当に欲しかったものの代用品として買ったもの

そういった『不用品』(ガラクタ)を処分する。

捨てる、だけでなくリサイクルショップへ
持っていくのも、有り。




ひとつ手放すと

やがて、新たな『よりよい』ものに出逢う。



ちなみに、手放すものを見極める6つのポイントは

① あなたに良いエネルギーを与えてくれないもの
② あなたの前進・成長を妨げるもの
  (その時代に戻りたいという気持ちにさせるもの)
③ あなたが好きでないもの
④ あなたが使っていないもの
⑤ 本当に欲しい物の代用品として手に入れたもの
⑥ とてもかなわないと思っている人の作品など


まぁ、詳しいことは本を読んでもらうのが一番なのさ。
まめ。も半信半疑で毎日1つずつガラクタを捨てたところ
(これを『ガラクタ追放キャンペーン』という)



・・・何だろ。(笑)
ちょっといいことが起きたような。
例えば?

友達の結婚式の余興でラーメン1箱当たったり。
近所のおばあちゃんからお菓子をもらったり。
くじを引いたら商品券をもらったり。
『いい買い物をしたなぁ』と思うことも増えたり。
ちょっと体重が減ったり。(笑)
連動して家中のガラクタを処分したので、スッキリしたり。
それから・・・


色々なものに対しての執着がちょっと薄くなった



・・・ような気がする。(どーん)
以前は、物だけではなく人間関係に関しても
執着というか、独占欲というか、嫉みとか・・・何つーか
そういうドロドロしたものがあったんですけれども
今は割とそういうものに拘らなくなった。


あとね、この本に出てくるイラストがカワイイですよ。
怠家モノ子さん(笑)にものすごく感情移入したくなるのは
私だけなんだろうか・・・?



とにかく、今年のお掃除参考書、1冊目はこれです。
気になる方は是非探してみてください。
[PR]

by white-topaz | 2011-10-15 21:31 | 音楽・本のこと | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://whitetopaz.exblog.jp/tb/16691791
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hiro428 at 2011-10-15 23:55
掃除は苦手。
もうこれはどうにもねぇ。
好き嫌いの問題かな!?
自分の部屋くらいは掃除するけど、物は捨てられないのよね。
あ、汚部屋じゃないわよ!!
Commented by white-topaz at 2011-10-16 21:02
ねーさん

わかる。
私も捨てられないタイプだから(笑)
でも、これを読んでから捨てることに対して
罪悪感とかあまり感じなくなったよ。
片っ端から捨ててるわけでもないけど(笑)

図書館で借りて読んでもいいんじゃないのかね?

<< ようやく終了。 テストが。 >>