みんな心配。   

週が明けて学校に行ってみたら、節電ウイーク(まめ。命名)
ということで、教室の電気はオフ。
生徒も「今、節電中だから!東北の人たち大変だから!」
と(ちょっと自慢気に)まめ。に言ってきます。


・・・うん。
自慢気なのはちょっと置いといて、よくわかったよ。



そんな、うちの生徒たち。
この行動がどういう影響を及ぼすのか、よく分かっていません。


 生徒: 先生、今、節電なんだよ!朝から教室の電気を消して節電してんの!
まめ。: そっか。電気をつけなくてもそこそこ明るいから、いいな。
 生徒: ねー先生、先生の住んでるところっていつ停電になる?
まめ。: んー・・・午後だな。
 生徒: 俺たちが節電すれば、電気が貯溜められるの?




・・・電気って溜められるのか?

まめ。: ん? 理科の先生じゃないからわかんないけど
     電気をためるというよりも・・・
     困ってる人たちに電気をおすそ分けできる、ってことじゃないかな。

 生徒: そうなの?
まめ。: うん。ここで節電した電気が、いろんなところに
     行けるから、電気が使えなくて困ってる人たちが
     ちょっと使えるようになるよ。


そしたら、急に生徒の顔が明るくなった。

 生徒: そーなんだ!みんな使えるんだ!
まめ。: そーだね。たくさんの人が使えるんだよ。
 生徒: それ、いいね!
まめ。: そーだな。


いや・・・まめ。も詳しいことはよく分かんないけど
多分、こんな感じなんだろう。
ただ「節電」って言うよりも、「節電したらこうなる」とまで
説明した方が、生徒もすんなり協力するんだなぁ。


単純に彼がそこまで考えつかなかった、ってこともあるな。(汗)
でも、まぁいいか。
みんなでちょっとでも協力できるなら。
[PR]

by white-topaz | 2011-03-14 21:44 | 学校のこと | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://whitetopaz.exblog.jp/tb/15660968
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< みなさん! 輪番停電。 >>