さいごのひ。   

心なんて 確かに脆い

それは 心が不確かなものしか求めないから

だからこそ

見つけてしまったら しがみついてしまうんだろうね


誰かを想うほど、喪った跡は大きく

それを埋めるために、時間が必要という


でも

本当の意味で時間が必要なのは

そのひとのことを、さいごまで想い続けたいから


大切に 大切に


想い続けたら、いつか、現実を受け止めることができるから


たとえ 君に「勘弁してくれ」と言われても

これだけは譲らない


もう できることは これしか ないから。


だから


昨日より、今日

今日より、明日


君のことを想うよ



『さいごのひ』    スキマスイッチ

人の命は儚くて それ以上に心なんて脆い
だからこそ僕らはきっと 希望にしがみついて生きている

今日も昨日より 君を想ったよ
言葉はありきたりでも 込めた願いは 確か
暗がりの中浮かべた 痛みと 記憶は
美しく色をつけながら 思い出にすりかわる


カーペットの上 横になって目をつむり
それでも手を伸ばして あの暖かい光にまだ触れようとする
さいごのひが消えるときに人は
いったい何色の色を世界見て 誰を想うの?


この世が終わってく時には 君に 呼びかけてほしいのに
明日は 今日より昨日より 君を想うよ
照らすものは何一つなくたって きっと
ずっと 君だけを探している


lyric: Takuya Ohashi & Shintaro Tokita

[PR]

by white-topaz | 2011-02-28 23:00 | 音楽・本のこと | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://whitetopaz.exblog.jp/tb/15587044
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< メッセージ集。 1週間経って。 >>