ココア。   

言っておきますが・・・基本的に
まめ。さんは、「出されたものは、おいしく食べる」タイプです。
文句なんか言いませんよ!


それは、今日の放課後。
例のちょっと失礼なおねーさん的な先生(笑)が
ココアを入れてくれました。
それを、またもやまめ。の天敵ともいえる例の
「病んでる」発言をまめ。に向かってしてくれた先生
譲り合っていたのですが。


 先生: ささっ、飲んで飲んで!!
 先生: いや、俺は甘いものいらな・・・
まめ。: まめ。はガムを食べてるので!!

まめ。VS 天敵の戦いですよ。
おねーさんな先生が呼ばれているので去った後。

 先生: ・・・まめ。先生、飲んでくださいよ。
まめ。: 嫌ですよ。ガム食べてるから。先生が飲めばいいと思う。
 先生: 甘い物いらないっすよ。大体、これ、ココアの粉多すぎじゃないですか?
まめ。: あー・・・言えてる。何か、既に粉浮いてるし。
 先生: しかも、お湯で溶かしただけだし。牛乳入れないと!
     あの先生、牛乳嫌いだからって・・・。

まめ。: お湯だけだと何か味のバランスが取れないしねぇ。
     じゃあ、牛乳を入れればいいんじゃないんですか?





 先生: ・・・言ったからには、まめ。先生にも飲んでもらいますからね!
まめ。: はー?何でですかー?
 先生: だって、量が増えるから・・・はい、牛乳入れたー。
     はい、カップもう一つ持って来たから分けるよー。

まめ。: うわぁ・・・しかも、何でレンジに?
 先生: 冷たいココアもぬるいココアは飲みたくないから。
まめ。: うわぁ・・・。何それ。いいじゃん、ぬるくても。
     ほんっと、先生ってめんどくさいタイプですよね。最悪だ。

 先生: そうですよー。まめ。先生と同じめんどくさいタイプですよー。
まめ。: ちょっ・・・一緒にしないでくれます?
     私、別にめんどくさくないもん。
     基本的に出されたものは美味しくいただけるタイプですよ。

 先生: じゃあ、このココアも勿論飲みますよね?
まめ。: うん?今はガム食べてるから無理。

そのまま、電子レンジで30秒。(だったはず)

 先生: ほら、できましたよ!
まめ。: うーわぁ。しょーがない、飲むか。・・・むーん。
 先生: どう?
まめ。: 何つーか・・・うん。という感じ。

そこに、例のおねーさんな先生が登場。

 先生: あっ!どうでどうで?
まめ。: うん。おいしいですよ、牛乳入れたから。
 先生: このココア、高級すぎておいしくないんじゃない?
 先生: 何てこと言うんですか。
まめ。: つか・・・そのココア、「甘さ控えめ」って
     書いてあるから、甘さを求めても無理ですよ。
     だから、粉をこれ以上入れないでくださいね!




・・・今日はただでさえ甘いものを食べたので
これ以上甘いものは控えたいと思っていたのに・・・。
当分ココアは遠慮したい気分です。



最後に、もう一度言います。
まめ。は基本的には出されたものは美味しくいただきます。
ほんとに!
[PR]

by white-topaz | 2011-02-07 22:24 | 学校のこと | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://whitetopaz.exblog.jp/tb/15468056
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< よくある二択。 まめ。に注意。 >>