ゆるコンビ、科学に触れる。   

そんなこんなで。
ゆるコンビがお送りしている「ゆるさんぽ」。
いよいよ、ラストのお時間が近づいてまいりました。

神社の近くにあるお土産屋さんを出たゆるコンビは
あてもなくフラフラ・・・と思いきや。

フクカノさん、「科学館に行きたい」と。


山梨県立科学館。


その名の通り、いろいろ科学な体験ができるという
普段はどー考えても子ども対象なのだが、たまにいくと
大人もハマる・・・という


愛宕山・こどもの国の敷地内にある、あの場所ですか!


というわけで、まめ。ナビで行くことに。
いや、何か知らんが、科学館に入る道をよく通ったのよ。
本当に何でかは知らんが、一時期。
だから、「入口」は知っている。
んでもって、1回だけ、学校行事で行ったことがある。(笑)


しかし、その日は駐車場の空きがないくらい、車がある。
何ですか、これは。
敷地内だけど、路上駐車とかいいんですか。
つか、警備員のおっちゃんが寒さのあまり、適当な
誘導しかしていないと思われるほどのゆるさ。

いや、それも含めて「ゆるさんぽ」だったはずだ。
おちつけ、ゆるコンビ。

どーにかこーにか車を停めて、入ることに。



ちなみに、この科学館、2Fに受け付けがあるので
外から階段から行くか、1F入口からエスカレーターで行くか
の2択になっております。

ゆるコンビ?
当然、日ごろの運動不足解消のために、階段コース!





・・・思った以上にしんどかった。
さすがアラサー。
「ひざ痛ぇ」の連発でしたがな。



どうやら、その日はプラネタリウムのイベントがあったらしい。
だから、こんなに混んでいたのか。
しかも、まめ。たちが到着したとき、プラネタリウムでは
ハヤブサの帰還後の何ちゃらかんちゃらをやってた。
フクカノさん、それを見たかったらしい。


ま、しょーがないので次のプラネタリウム上映の
16時まで時間をつぶすことに。
こんな子ども騙しを見たって、たいして面白くもなかろうに。
とか思っていたら、すげーよ!
めちゃくちゃテンションが上がった!!


ゲームができる大画面があったんだけど
そのゲームが、画面に出てくる絵を触って捕まえる
とか、クイズの答えを触って並び替えて答える
みたいな・・・タッチパネル式のゲーム。


正直、ゆるコンビは舐めてかかってたんですよ。
「はぁ?アラサーの底力を見せてやる!」とか何とかで。



・・・。




・・・・・・。




負けた・・・orz



どんなに触ってもちっともカウントされなくてさ!
意味不明だっつーの!!

その後、宇宙コーナーのところにも同じゲームがあったから
やったよ!
ゆるコンビは機械に負けた感をひしひしと感じたよ!!


ちなみに、幼稚園児がやっているのを通りかかったゆるコンビ。
すげー上手い・・・。
若者、はんぱねーな。

その後、別の場所でゲームに必死で挑戦している中学生だか
高校生を発見。
あまりの必死さに、上から目線で見守りオーラを出してしまった。



で、意外と楽しんだ後、プラネタリウムで。
甲府から宇宙まで見てみよう、とかなんとか。
甲州弁でずっと説明してくれたので(このプログラムのみ)
眠る暇もなく笑わせてもらった。
甲府の夜空から、宇宙の果てまで見れましたよ。
面白かったですよ。
星の話なのに、なぜか鳥もつが出てきてたしね。(笑)



あれ、またやればいいのにね。
そしたら、また見に行くのに。
(プログラムはこのイベントの時には、毎回内容が違っていた)

科学館は17時までなので、プラネタリウム終了後
すぐに出てきたゆるコンビ。
ちなみに、この時点でもまだ胃が重い。(苦笑)

最後は、カラオケで3時間くらい懐メロやら何やらを
歌ってきて、帰って参りました。

次回の「ゆるさんぽ」は・・・
アンコールワット展以来の県立博物館に久々の出没予定!
(予定は未定)
お楽しみに!
[PR]

by white-topaz | 2011-02-01 22:34 | 山梨のこと | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://whitetopaz.exblog.jp/tb/15433779
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< まめ。に注意。 ゆるコンビ、山梨を楽しむ。 >>