あのやろう。   

先週の金曜日。
階段ですれ違った先生に、急に言われました。

 先生: うわっ!まめ。先生、顔がすごい赤いですよ!
まめ。: え。本当ですか?
 先生: うん、やばい!
まめ。: ・・・え、そこまで?

直前まで暖かかった(むしろ、ちょっと暑かった?)
職員室にいたからですかね?
でも、そんなこと周りの先生には言われなかったんだけど。

それにしても、階段を踏み外さないように(苦笑)目線を
下げながら階段を上っていたのに、向こうは降りながら
よく気付いたよなぁ・・・よっぽど暇だったんだな。

とか思ってたら。


その直後。






ものすごい寒気に襲われました。




さっき「暇だった」とか思ったから?
それとも、普段の恨みから来る呪いか?
(いや待て。普段、恨みを買うほど話はしていない)

まぁ、熱が上がるとかじゃなかったんですけど。
なかなか寒気は治まりませんでしたよ。
危険危険。



で、今日。
その先生にばったり会ったので言ってやりました。


まめ。: この前、「顔が赤い」って言ったじゃないですか。
 先生: 言いましたねー。
まめ。: あの直後、いきなりものっすごい寒気に襲われましたよ!
 先生: あっははは!「病は気から」の典型的な例じゃん!
まめ。: 笑い事じゃないって、これっ!

 先生: やっぱ、調子が悪かったんじゃん。俺の読みが当たったねー♪
     で、風邪引いたんですか?

まめ。: いや、そこまでひどくなかった。
     でも、グダグダになったのは先生のせい。

 先生: ・・・はー?何でですか。
まめ。: あの時先生が言わなければ、寒気に襲われなかった!
     んでもって、土日も元気に過ごしてたはず!
     だから、先生のせい。

 先生: いやいや!そこは「俺のおかげで土日はゆっくり休めた」
     って言うべきでしょーよ。


まめ。: だから、「あのやろうが風邪を引けばいいのに」
     って念じてたんですけどね、布団の中で。
     寒気とかくしゃみとかありませんでした?

 先生: いや、そりゃもー元気に部活三昧。
まめ。: ・・・ちっ。
 先生: 何、その舌打ち。
まめ。: いや、風邪を引けばいいのに、と思って。



・・・ということがあったんですよ。
みなさま、風邪にはご注意を。
そして、炬燵で寝てはいけません。
(連日繰り返したため、のどが痛くなったと思われる)
[PR]

by white-topaz | 2011-01-17 22:59 | 学校のこと | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://whitetopaz.exblog.jp/tb/15351267
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 明日なんて、来ないかもしれない。 読み返してみた。 >>