久々に読んだ。   

まめ。もね、プライベートはとんでもなくグダグダな
人間なのだけれども、仕事に関しては、ものすごく
ちゃんとした(ってどんなだ)人間になります。

如何に生徒を楽しませながら力をつけさせるか。
ということを日々考えながら、やっているのです。
えぇ、どっかの公私混同するようなヤツとは違うのよ。

中学英語50点以下の生徒に挑む―英語の基礎・基本をからめて

滝沢 広人 / 明治図書出版



この本の著者である滝沢さんは、現役の先生。
中学校で英語を教えている人なら、名前を
聞いたことはあるのではないか、というくらい。
とにかく、何か、すごい人。(笑)

確かねぇ・・・うん、この仕事を始めて最初の年。
あまりにテンパっていたまめ。に、「勉強になるよ」と
同じ学校の英語の先生が進めてくれたのでした。
そのときは「この超忙しい状況でそんなもん参加できっか!」
と心の中でキレていたのですが、参加してみたら
あらびっくり。




『目から鱗』状態。
本読みなんて一番盛り上がらない活動(苦笑)でも、こんなに
バリエーションがあるんだ、と勉強になりました。
んでもってね、それが楽しかったの。

確かねぇ、その後、某ほうとう屋さん(笑)にて
参加者全員でご飯を食べたんだけど、そのときに
滝沢先生とちょこっとあいさつ程度の会話をしたんですよ。
すごくいい人でしたよー。

というわけでですね。
まめ。はそれまでのことから判断して、彼の本を買い
それを基に授業を作ったわけです。
この講座を紹介してくれた英語の先生は、後にも先にも
ここだけでしたね、手を差し伸べてくれたのは。(笑)
後は放っておかれた。


まぁ、そんな愚痴はいいとして。(笑)
そんな衝撃の出会い?から数年。
まめ。はまたもや壁にぶち当たりました。

・・・最低ラインの生徒を如何にレベルアップさせるか。
今までの方法でダメだったってことは、何か他にあるはず。
というわけで、本屋さんに行ってみたら、今回紹介した本が
あったのですよ。

もータイトルからして、まめ。の心を鷲掴みですよね。(笑)
即買って、読んで、実践してみました。
レベルが上がったかどうかはわかりませんが
授業に変化が付けられて楽しかったです。


というわけで、まめ。は本読みがワンパターン過ぎて
自分が飽きてきたので(苦笑)、そろそろ何かいい方法は
ないかなぁ、と思い、この本を読んでみたのでした。

方法?
あぁ、うん。
何かできそうな気がするよ。
[PR]

by white-topaz | 2011-01-12 22:54 | 音楽・本のこと | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://whitetopaz.exblog.jp/tb/15322948
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by のび太 at 2011-01-15 21:45 x
これは参考になりますね。
どんな本か調べてみたいです。
私も残りの3学期頑張ります!
Commented by white-topaz at 2011-01-15 22:51
のび太 さま

何せ、タイトルが「50点以下の生徒に挑む」ですから、惹かれますよね。(苦笑)
きっと、大きな本屋さんにならあるのではないでしょうか。

<< 金田一少年とか。 謎の年賀状。 >>