離任式。   

でした。

分かってはいたけど、やっぱり寂しいものですね。
あと1週間もすれば、まったく違う生活が始まるのだから
当たり前というば、当たり前なんですけど。
2年間 お世話になったところですからね。

このことが決まってから、毎日泣きっぱなしでした。
でも、今日ほど泣いた日はありません。

お別れのときは たくさんの生徒さんから 花束や 手紙や
プレゼントを貰いました。
手紙には

分かりやすい授業で、面白かった、 とか
先生に英語を教えてもらって良かった、 とか
いなくなるのは 寂しい、 とか
英語が1番好き、 とか
病気やケガをしないように 元気に過ごしてください、 とか
僕たちのことを忘れないで、 とか・・・


・・・色々書いてありました。
たくさんの 嬉しい言葉を私にくれました。

泣いてくれた生徒さんもいました。
正直、私はそこまでしてくれるほど 出来た人間ではないし
これからも 何も出来ないかもしれない。
でも、泣いてくれたことは、 とても嬉しかったです。









・・・ねぇ。


私が今までやってきたこと、間違ってなかったかな?

・・・もっと 彼らの良いところを引き出せるチャンスなんて
いっぱいあったのに・・・

何で それをしてあげられなかったんだろう?

何で もっと優しくしてあげられなかったんだろう?



・・・何で 「まだ一緒に過ごせる」 なんて思ったんだろう?

これからの成長を近くで見られないのが すごく悔しいのに。


彼らは私に 嬉しい言葉をたくさん残してくれたのに。
私は彼らに 何を残してあげられた?

何を残しておけばよかった?


・・・そんなことばかり 考えます。
もう 遅いのに。


でも 彼らが私に望むのがこれからも 「元気で 面白くて 頑張り屋の先生」
ならば 私はその通りになります。
それが、これからの私が出来る 唯一のことだから。


「私に出会えたことを嬉しく思う」
「一緒に過ごした時間を 絶対に忘れない」

そんなことを言ってくれた人がいるのなら
私のことを思って泣いてくれた人がいるのなら

きっと 私がそこにいた意味があったのでしょう。



「忘れないで」

当たり前でしょう?
日常生活の色々なところで 生徒さんとの思い出が隠れてるんだから。

忘れるつもりなんか ありません。


私からの最後のお願いは

いつまでも引きずっていないで 早く 新しい生活に、慣れてもらうこと

きっと 私の自慢の生徒さんたちだから できると思います。
[PR]

by white-topaz | 2006-03-27 22:52 | 学校のこと | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://whitetopaz.exblog.jp/tb/1466554
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hamajio1o1 at 2006-03-28 05:51
>そんなことを言ってくれた人がいるのなら
私のことを思って泣いてくれた人がいるのなら

きっと 私がそこにいた意味があったのでしょう。


そう思います!『出会えたことを嬉しく思う』なんて最高の言葉じゃないですか!
『そこにいた意味』絶対ありますよ。あるに決まってます。

『元気で 面白くて 頑張り屋の先生』に絶対なってくださいね。応援してます。
Commented by white-topaz at 2006-03-28 08:19
はまじ さま

ふふ。 ありがとうございます。
一晩泣いたら、スッキリしました。

・・・しかし、ありえないほど目がはれているんですけどね。(笑)
困ったなぁ~。

<< 納豆占い。 アンパンマン。 >>