絶体絶命。   

夏休み前の話。
このころ、特に纏わりつかれた生徒がいるんですよ。
この2人、ウザさ的にはそうそう変わらない。(苦笑)
どんなに突き放しても寄ってくる。
この日も、そんな感じでした。


 男子: まめ。せんせー!! これ見てー!! 新作のモノマネー!!
 女子: あのねぇ、まめ。せんせぇ。
まめ。: ・・・(ゲッソリ)
 男子: ちょっ!! 俺が最初に話しかけたの!!
 女子: いいじゃん!! 私の方が近くにいたんだから!!
 男子: はぁっ!? ダメだっつーの!!
まめ。: どっちでもいいから、何じゃい。

まめ。は2人のやりとりを見ながらつぶやきました。

まめ。: 君たちって、反応がいちいち同じだよねぇ。
     やっぱ、同じレベルなんじゃん。

 男子: ちがいますよっ!!
 女子: ちがいますよっ!!

おー・・・見事なユニゾン。

まめ。: ほら、今のもハモってる。
 男子: ハモってないから!!
 女子: 撤回して!!

いつの間にか、まめ。は2人に追い詰められて窓際に。




 男子: 大体、性別が違うし!!
まめ。: ・・・そういう反応が、いちいち同じなんだよ。
 女子: 同じじゃないしー!!

そんなやり取りをしていると、周りに生徒がどんどん集まってきました。
うるさいんだ、この2人がいると。
さらに距離を縮められて、増々逃げられなくなった。


 男子: 撤回してくださいよ!!
 女子: こいつ(男子)と同じなのは嫌だー!!
 男子: 俺の方が嫌だし!!
まめ。: うーん・・・そうだねぇ・・・。

まめ。は、体を一歩右にずらしました。
カチャリ・・・。
音を立てずに、カギを開けて。


 男子: あっ!!
 女子: あっ!?
まめ。: ばいばぁーい♪


教室って、下にも窓(扉?)がありますよね。
高さは・・・70~80㎝くらい。

で、背後のベランダに避難した、と。
映画みたいな感覚だったと思いますよ。
窓を開けた瞬間、右足を大きくベランダに出し、そのまま
屈みながら後ろに引いたんだから。
何かのイリュージョンを見たように、みんな呆然としてた。(笑)


・・・。

こんなことばっかしてるから生徒に追いかけられるんだろ。
[PR]

by white-topaz | 2010-07-27 23:56 | 学校のこと | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://whitetopaz.exblog.jp/tb/14281042
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< ひとりじゃない。 脊髄反射。 >>