太陽の下。   


「こぎつね ヘレン」 ですよ。

レミオロメンですよ。


無くした心の隙間に あなたの笑顔が広がって

音もなく涙こぼれたんだ

深い悲しみの海では どんな歌さえ響かないよ

もしもあなたに会えないなら



ここを聴くと泣けてきます。
本当に 「音もなく涙がこぼれ」る状態です。
あまりに 今の自分と重なっているので。


泣けるもう一つの理由は 結末を知ってるから。




しかも、生徒さんに無理やり教えられたから。(笑)



知ってましたか?
「こぎつね ヘレン」って、文庫本になってるんですよ。

・・・で、大声でラストシーンを読みやがったのよ。(笑)
私が楽しみにしてたのを 知ってて!!!
確信犯ですよ。

まぁ、結末を知ってるからこそ 泣けるかもしれないですけどね。
気になる人は映画館へ!!
(私は まだ映画を見ていません)
[PR]

by white-topaz | 2006-03-21 15:16 | 音楽・本のこと | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://whitetopaz.exblog.jp/tb/1354029
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hamajio1o1 at 2006-03-21 22:17
「こぎつねヘレン」か「南極物語」か「タイフーン」迷ってたんですけどヘレン少し見たくなりました。
気持ち割合は、ヘ:45% 南:10% タ:45%
ヘレンも見たいしチャンドンゴンも見たい。
Commented by white-topaz at 2006-03-22 22:27
はまじ さま

そういうときは、両方見ればいいじゃない。(笑)
・・・疲れるけどね。
一回やったことあるけど。

<< 最後の授業。 ② 最後の授業。 ① >>