キャン ユー スピーク 甲州弁?   

・・・買ってしまった・・・。
今更ながら、買ってしまった・・・!!!

「キャン ユー スピーク 甲州弁?」

という本を。(画像は、ない・・・)

発売されてから随分と経っているので、今更買うのもどーよ?
と自問自答していたのですが、つい先日、ごま。が帰省したときに
一緒に本屋さんへ行ったときに、手に取っちゃったんですよね。


・・・で、買ってしまった、というわけですよ。

でもね、山梨県民ならツボにはまるんじゃないかしら。
つか、確実にツボにはまるんだよ!

ちなみに、2問以外は全て単語のみで意味をあてやがった
うちの母親は、やはり、生粋の甲州人だと思われます。
(その2問も、例文を聞いたら直ぐに答えられた)




何故か、山梨県民は「腰が痛い」ときに
「腰っぽねが痛い」 と言います。
・・・「が」 すら入っていない場合もありますが。

勿論、「腰の骨」ってことです。
別に、骨折してるわけじゃないんですけどねぇ。
ただ、「腰が痛い」というより、「腰っぽねが痛い」と
言う方が、何か、痛さがより伝わる気がします。
「腰の中心が痛い」ってことなんでしょうね、きっと。
(痛みが)狭く深く・・・って感じがします。

うちの母親もしょっちゅう言っていますが
特に深い意味はないようです。


あ。
あと、「かじる」 という言葉があるんですが。
りんごを 『かじる』 とか以外にも 「かく」 という意味で
山梨ではよく使われます。
背中が痒いときに 「背中をかじって」 と言われれば
背中をかいてあげるわけですよ。

個人的には、通常の 「かく」よりも、より爪を立てて
かいてあげる・・・ってニュアンスでいますけど。
結構面白いですね。
山梨再発見です。


山梨の本屋さんに立ち寄った際には、是非お買い上げを。
いや、立ち読みでも十分楽しめますけど。
黄緑色の表紙が目印なので、目立つと思います。
[PR]

by white-topaz | 2010-04-20 00:05 | 音楽・本のこと | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://whitetopaz.exblog.jp/tb/13473774
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 職員室で愛を叫べ。 体力の80%を奪われる。 >>