生徒と会話。   

先週のことなんですけどね。
普段、喋らないような2年生の生徒と話をしたんですよ。
ほんっとーに偶然、ね。

生徒1: せんせー、長文が分かんない。
     もらったプリントの方法でやっても無理。

まめ。: あれは3年生用に作ったものだからねー。
生徒2: 俺は授業中にもらう文法のプリントがいいと思うよ。
まめ。: 最近は担当の先生が作ってるけどね。
生徒1: えっ?そうなの?
まめ。: まめ。が作ったのは、1回きりじゃん。
     代理で授業をしたときだけだよ?

生徒2: その1回がね、何回分にも感じたんだよ!
まめ。: やけに訴えるよなー。

なんて、給食を食べながら、のんびり会話をしていたのです。




生徒1: でもさぁ、先生は英語嫌いだったんでしょ?
生徒2: そーだそーだ。
まめ。: あー・・・高校のときにねー。中学はそんなんでもなかったな。
生徒1: ふーん。
生徒2: え、何で?
まめ。: あー・・・そのとき、3年間担任が英語だったんだけど・・・
     その先生のこと超絶嫌いでさぁ。
     やっぱり、教科の好き嫌いって
     先生によって決まるよなぁ。



と、思わずしみじみ言ってしまった。
すると一瞬、沈黙に包まれるグループのメンバー。


・・・あれ。
何か悪いこと言った?
(今、確実に教員に対してケンカを売りましたよ。)


すると、グループのメンバーは一斉に笑いながら

生徒1: やっぱ?先生もそう思う?
生徒2: そーだよそーだよ!!
まめ。: ・・キミたち、ウケすぎだよ。

と、まめ。は言って残った牛乳を一気に飲んだのでした。
ぷはー。うまい。
[PR]

by white-topaz | 2010-01-24 23:00 | 学校のこと | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://whitetopaz.exblog.jp/tb/12718418
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 第2弾。 どっちが社会人失格だ。 >>