ファン。   

この前。
突然 「ファンです」 といわれ、握手を求められました。
逃げ切れないから、とりあえず、握手したんですけどね。


・・・意味が分からない。
何、この行動。

きっと、これだけだとわけが分からないと思うので
ちょっと遡ってみましょうか。


その時、まめ。は学校の廊下を歩いていました。
そしたら、女子生徒が追っかけてきて。
とりあえず、まめ。はその生徒が視界に入った瞬間、
見なかったことにして逃げてみました。

だってさぁ、その生徒と関わると面倒くさいんだもん。
しつこいしさぁ。
大体、そいつには1学期なんか目の敵みたいな感じで
ものっすごい睨まれてたのに、何、これ。
絶対、こいつに捕まると話が長くなる!
逃げねば!! と思ったのですよ。


・・・まぁ、階段で追いつかれたんですけどね・・・。




 生徒: せんせー!! せんせぇー!!
まめ。: な・・・何。
 生徒: せんせー、握手して!!
まめ。: ・・・は? 何で?
 生徒: ファンになったから。


・・・本当に、こんな会話だったんだよ・・・。
とりあえず、(ささやかな)抵抗してみました。

まめ。: いや、意味が分からんから。
 生徒: だってさぁ、先生はさぁ。
     〇〇先生より英語の発音がきれいだしさぁ。

まめ。: ・・・そーでもないよ。 英語力は落ちてるよ。

ほんっと、この状況から逃げたい。
袖を引っ張られながら、話につきあうまめ。

 生徒: それに、先生は「生徒が分からない」っていうつもりで
     授業をするじゃん!

まめ。: あー・・・まぁねぇ。 ってそりゃ大分前の話だろ。
 生徒: あれがいいんだよ! 〇〇先生は「分かってる」って思って
     授業をするからさぁ!

まめ。: ・・・そーでもないんじゃないか?
 生徒: とにかく!先生のファンだから、握手して!!
まめ。: あー・・・はいはい。


・・・これ以上、こいつと話をするとまめ。の服の袖がのびるから
という理由で握手をしたのですが。
何か・・・ちょっとビミョー・・・な気分になりながら、まめ。は
握手した右手をじっと見ていたのでした。
[PR]

by white-topaz | 2010-01-10 22:13 | 学校のこと | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://whitetopaz.exblog.jp/tb/12641312
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hiro428 at 2010-01-11 22:15
まぁ~、とりあえずファンは大切にしないと・・・。
いつ、どんなことで豹変するかわからんからね。
私もその昔、高校の後輩だという女子高生に声をかけられた。
それも人で溢れてる渋谷の券売機の前で・・・。
ビミョーと言うより、ちょっと恐怖(-_-;)
Commented by white-topaz at 2010-01-11 23:18
ねーさん。

女子高生に声をかけられるとは、さすがだね!(笑)
ファンをないがしろにするつもりはないけど、大切にするつもりもないな。
できれば、そっとしておいてほしいね。

<< 地域限定。 補習プリント提出。 >>