福袋争奪戦。 前編   

昨日言っていた、福袋の話でも。
きっかけは、大晦日の日に入っていたチラシなんですよね。
新春セール+「福袋やります!」みたいなやつで。
それを何気なく見ていたら、どーしても欲しくなったんですよ。
某お店のが、ね。

しかし、滅多に行かない福袋争奪戦。
全然分からないので、とりあえず、妹のごま。に声をかけてみました。

まめ。: ごま。さん、ごま。さん、明日、買い物に行かないかね?
ごま。: ・・・え。何で?

明らかに迷惑そうな顔です。

まめ。: 何か、福袋を買いたくなったから。一緒に行かない?
ごま。: ・・・・・・・えー・・・・・・・。

ごま。も面倒くさがりやな性格だからなー。
こりゃ説得するのに時間がかかるぞ・・・と思っていたら。

ごま。: いいよ。

あっさりOKされてしまい、拍子抜け。

まめ。: おぉっ!いいのか?何で!?
ごま。: 福袋には興味はないけど、新春セールには興味がある。

そんな理由でですが、まめ。はごま。を引き連れて
福袋争奪戦へ行くことになったのでした。




いつもならグダグダと夜更かしして、元日の朝は10時半まで
寝ているまめ。なのですが、今年は違ったよ。
8時に目が覚めたもんね!(笑)

いそいそと支度して、某ショッピングセンターの開店に
間に合うように計算しながら移動。
(狙っているものは、そんなに並んでいないものと見た!)
そして、開店より2分後にまめ。&ごま。が到着。

さて、行くかぁ!

と、勢いよく入っていったら・・・何か、すげー並んでる。
・・・え、何で?
まさかの計算ミス?

と焦っていたら、別の福袋に並んでいた人たちでした・・・。
その中をするりと通り抜け、ごま。は新春セールの目的のお店へ。

まめ。: じゃあ、ねーちゃんは行ってくるから!
ごま。: ごま。はこの辺を見てるね~。

まめ。は、ごま。と別れ、目的地へ。
そして、着いたには着いたけど、困惑。

まめ。: ・・・福袋の周りに、誰もいない・・・。

ほら、実は正午から一斉に売りますよー的なものとか。
え、まさかの時間差!?と焦り、うろうろしていたら
他のお客さんが、福袋をあっさりお買い上げ。

・・・単純に、早く来すぎたってだけね・・・。
と、ちょっと安心しながら福袋たちを見るまめ。
どれにしようかなー・・・。
あんまり長くいても怪しく見える(苦笑)からなぁ。

こういうときって、直感ですよね。
まめ。は、ジーッと見ながら、心の声に耳を傾けます。
(決して怪しい者ではありません)

そうすると、アピールしてくる袋があるんですよねぇ。
「絶対損はさせないからさぁ、ボクにしなよ!」的なアピール。
数秒、その袋を見つめた後。

まめ。: よし!! お前、まめ。家に来いっ!!

心の中で声をかけながら(だから、怪しい者ではない)
その袋を手に取り、お会計へ。

最も欲しかったものが手に入ったので満足♪
と思いながら、ごま。のところへ向かったのでした。



後編に続く。
[PR]

by white-topaz | 2010-01-02 17:30 | 日常のこと | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://whitetopaz.exblog.jp/tb/12595573
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 福袋争奪戦。 後編 2010年ですよ。 >>