たまには真面目な練習風景。(2年生編)   

おっと。
全然暗唱大会の続きを更新しておりませんでしたな。
ではでは、2年生編。

・・・と、その前に、2年生が話す題目のあらすじ。
「笛吹き権三郎」について。

えーっと・・・昔話の一種です。

京都で起こった戦で行方不明になった父親を探して
権三郎と母親は、山梨までやってきました。
父親を見た、という情報を得たものの、すでに死亡。
2人はその村に住むことにしました。

しかし、母親は洪水で死亡。
権三郎は、母親が好きだった横笛を毎日吹いていました。
さらに、権三郎もその後の洪水で死亡。

権三郎の死後、誰もいないはずの川から横笛の音色が
聞こえてきます。
権三郎に呼ばれていると思った村の人たちは、お坊さんを呼び
お経を上げてもらいました。
その後、横笛は聞こえなくなり、村人は彼を忘れないように
その川を「笛吹川」と呼ぶことにしたそうです。




まめ。: ・・・とりあえず、聞かせてもらおーか。

・・・うん。
ここからはじまります。(笑)
で、発表を聞くまめ。

まめ。: ・・・ねぇ、この話、昔話やんな?
2年生: はい。
まめ。: ・・・昔話っぽくない。
2年生: え?
まめ。: 出だしがさぁ、全く入り込めないんだよ。
2年生: は・・・はぁ・・・。
まめ。: もっと・・・こう・・・さぁ!「むかぁし、むかし」 みたいな
     感じで行こうよ!市原悦子みたいにさぁ!!


2年生: い・・・市原悦子・・・ですか・・・。
まめ。: きみは、「まんが日本昔話」ってアニメをご存知かな?
2年生: な・・・なんとなく・・・。
まめ。: せめて、出だしはそれで行け!更に言うなら
     "Mother! Mother!" もだよ!

2年生: ・・・え・・・。
まめ。: 「おかあさん!」じゃないんよ、そこは。
     「おっかぁ!」 でしょ、昔話的に。

2年生: え・・・マジですか。
まめ。: おぅよ。 そんな感じでやれ。


・・・そしたら、暗唱文の紙に、まめ。が言ったことを
全部メモしてたそうな。(笑)


・・・え。結果?
うん。
この生徒、優勝したから県大会に行くよ。
3年生は残念だったんだけどねぇ。
[PR]

by white-topaz | 2009-11-02 00:11 | 英語のこと | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://whitetopaz.exblog.jp/tb/12237329
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 募集します。 いーやーだー。 >>