英検監督。   

・・・やりましたよ、英検監督。
ふざけすぎですよね。
「俺がいるところで英検を実施したい」とかほざいていた
先生が、結局は都合かなんかでこれなくなり。
わざわざ日曜日に来てやった、まめ。たちでございます。

この日の試験監督は、3人。
まめ。(実質、まめ。が仕切る羽目に)
もう一人の英語の先生。
来なかった野郎と部活が一緒、というだけで頼まれた
と思われる、国語科の先生。(←今回、1番の被害者。)

前回の記事にも書いた、暗唱大会の練習と平行して
準備を進めてきた英語検定。
そんな中で頑張ってきましたよ。

当日になって、いきなり欠席したやつに関しては。
「・・・ったくさぁ、早めに連絡くれよなー。」 とか。
もらった直後に堂々と問題用紙を開いていたやつには
「開くなって言ってんだろーが!」 と一蹴してみたり。

普段の授業とでは全然違うので、そりゃ生徒も
びっくりでしょーよ。
戸惑っていたのがひしひしと感じられました。(笑)

そんなわけで、英検の解答用紙も無事にクロネコさんに
渡したので、あとは近々行なわれる暗唱大会の準備・・・
ですよ、まったく。
英検・・・本当にまめ。が全部仕切ってたなー・・・。(遠い目)

だって、あの野郎、結果的に英検と暗唱大会、両方とも
まめ。に押し付けたんだもん。
・・・その理由はまた後日、書きたいと思います。
[PR]

by white-topaz | 2009-10-18 22:01 | 英語のこと | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://whitetopaz.exblog.jp/tb/12150040
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< まめ。に頼んだ理由。 英語暗唱大会に向けて。 >>