愛とはなんぞや?   

 というのも、最近、こんな言葉を聞きましてね。

 「愛は人を幸せにするものじゃないの?」(多分、こんなの)
 
 「う~ん・・・。本当にそうなのかなぁ。」
 その言葉に、すんなり納得出来ない自分がいたのですよ。

 確かに、愛は人を幸せにすることができるし、
 それによって救われる人もいるでしょう。
 その人にとっては、「愛」というものは、そうであってほしいものなんだろうね。
 でも、人を不幸にだってできるんだよ。
 「愛」を理由にして、人を傷つけたりもできる。

 ・・・なんて思ったわけですよ。 結局、受け取り方次第。
 だから、簡単に「幸せ」とか言えないんじゃないかなぁ。
 というわけで、その人にはこんな風に答えました。

 「愛は、時に人を苦しめることもあるけれど、
      その分、人を強くさせることができる思いますよ。」


 相手をどこまで信じられるか。 自分自身をどこまで信じるのか。
 愛って、そういう気持ちの積み重ねなんじゃないですかね?

 ・・・なんて、ぐるぐる悩んで書いてみましたが、
 ご意見、ご感想をお待ちしております(結構本気)
[PR]

by white-topaz | 2005-12-12 21:36 | 考えごと | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://whitetopaz.exblog.jp/tb/119152
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sky at 2005-12-13 00:14 x
「愛とは・・・」って聞くと「愛とは決して後悔しないこと」by Erich Segal
と頭に一瞬浮かんでしまいましたが(苦笑)この場合関係ないね(^_^;)

私も愛とは「幸せにする」要素あると思います。まずそれが頭に浮かぶよ。でもね、さすがはwhite-topazさんだわ~。その逆を考えるとは。
そしてその答えも深いなって思いました。

確かにそうだね。愛といってもいろんな愛の形があると思うし、まっすぐな方向に向かわない愛なら人を傷つける凶器にもなるんだろうね。

難しいテーマ(?)だけど、プラス面とマイナス面があるのは同感だから、私なら

「愛を注がれれば、優しくしてもらうことを学んで自分も優しくなれる。自分に自信を持てる。反面、愛は人を醜く、また残酷にすることもある」

かなあ。反面以降の説明としては、
相手を愛しているがゆえに嫉妬に狂って醜くなったり、(これは男女関係限定かな)、本当に相手のためになることなら、愛しているがゆえに残酷にならなければならないこともある(これは家族でも友人でも)ってことで。

うーん、自分でもハッキリとした答でないものですね。私もいろんな人の意見聞いてみたいです。 
Commented by white-topaz at 2005-12-13 21:39
sky さま

コメントありがとう! グダグダかいていたのに、賛同いただけるとは・・・!!
びっくりです。 ありがとう。

確かに、「人に愛される」という経験は優しさや自信につながるよね。
逆にその経験がなかったら、薄っぺらい人間にしかなれない・・・。
愛があるかないかで濃い人生を送れるか、薄い人生になるか・・・大げさ?(笑)
抽象的な言葉だから、余計難しいよね。

でも、こんなのに意見をくれてありがとう!
参考になったよ \(^0^)/

<< レミオロメン。 宣伝。 >>