タモさん。   

いや、何か 「いいとも増刊号」 を何気なく見てて再認識。
タモさんね~・・・タモさん。
うん。


やっぱ、タモさんだな。


・・・あ。
いや、別にタモリさんに会ったとかそういうわけではなく。
ちょっと昔を思い出したのですよ。


仕事を始めた頃、どーにもこーにも 「自分なり」 の授業が
展開できなくて、人知れず悩んでおりました。
時間通りに進まないし、準備してたものも使わずに終わったり
まとめなんか入ることもなく、終わってしまったり。
授業時間が延びるのもいやだなぁ・・・と思っていたのですが。

まぁ、授業・指導の基礎も出来てない人間が、オリジナルを
目指せっていうのも、今思えば、無理な話なんですけどね。

一言で言えば、本当にその頃は、「つまんない授業」。
いや、そう言われていたとかじゃないけど。

で、何でか分からないけど、あるとき、フッと思い出しました。




そういえば、いいともって生放送だよな・・・。
1時間の生放送なのに、まとめられるタモリってすごいよなぁ。
あ、でも、CMの時間を省くと、50分・・・45分くらいなのかなぁ。
しかも、何人もいるレギュラーの人たちにも話題を振ってるし。

あれ・・・?もしかして・・・

タモさんを研究すれば、道は開ける!?



・・・何とまぁ、無謀な計画。(笑)
多分ね、放送時間(50分前後)というのと、「話題を振る」って部分
だけでタモさんを研究し始めたんだと思います。

・・・研究といっても、大それたことをしてないですよ。(笑)
話題の選択とか、CMまでの残り時間内で話を上手くまとめるとか
笑いを取りながら、でも、嫌味なくざっくり言うところとか
・・・で、特にまめ。が気にしていたのは、ラストの部分。

「いいとも選手権」→「告知」→「いいともー!!」 の流れ。

あれって、日によって変わりますよね。
選手権が長引いて、十分な時間がなかったり、その逆に
告知がない日や、告知が予定よりも短くて時間が余ったり。
そんなときのタモさんの落ち着いたまとめ具合を見習って
何とか授業に生かせないかと思っていました。

・・・で、できあがったのが、現在のまめ。(笑)
まぁ、おかげで作業を何種類も詰め込む、なんてことは
しなくなったし、合理的な授業展開ができるようになりました。

何よりも、変に緊張することがなくなったことが1番の収穫。
だって、タモさん見てると楽しそうなんだもん。
そこから、「自分が面白くなきゃ」って気づいたんだよねぇ。


授業は、生放送と一緒である。


・・・あ、これ、まめ。の言葉。(笑)
そんなわけで、タモリさんは、ある意味、まめ。の師匠的な
存在です。(勝手に思ってるだけ)

ありがとう、タモリさん。
・・・って、本人、こんなとこなんか見てないけど。
[PR]

by white-topaz | 2009-06-01 00:23 | 自分のこと | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://whitetopaz.exblog.jp/tb/11201113
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< ヨーグルト。 〇〇部なら。 >>