切り替え。   

だいぶ間から決めてたことがありました。
それは、年齢の近い女性の先生たちとカラオケに行く!!!
ということ。
早めに学校を出る予定だったのが、1つ前の記事ですよ。
てめーら、いつまでも調子乗ってんじゃねーよ。(いろんな意味で)

本当は、6時には学校を出る予定だったのですが、1つ前の記事で
書いたことが出てきてしまい、結局一段落したのが夜9時半。
その一連のやり取りを見て、思わず他の先生がまめ。に一言。

 先生: どうする?今日やめる?
まめ。: いやっ!! 今日は絶対やる!!!
 先生: 大丈夫?
まめ。: 絶対、あと1時間でカタつけたる!!!

絶対、カラオケ大会をキャンセルなんかさせるもんか!!!
まめ。は色んな意味で、あいつらに怒っていました。

午後9時15分のまめ。

まめ。: ・・・いつまでも黙ってればいいと思ってんじゃねぇ。
     お前はどこまでも自分のことしか考えてねーよ。
     相手のことを考えて泣いたことねーだろ?


おっさんも、そらもーひどいもんでした。

おっさん: お前の言ってることは、完全に矛盾してるんだよ。
      こんな時間までかかってるのも、そのせいだろーが。
      何でそこまで言い張るかわからんね、俺は。


こんな言い方だけど、本当にその数時間前までは、リアルに
警察の取調室みたいな雰囲気だったからねぇ。
・・・いや、ドラマでしか見たことないけど。



9時半にようやく終わって職員室に戻る。
それまで、廊下でものっすごい「キリッ」とした顔だったんです。
笑顔を一切見せないで、淡々と喋ってたんですよ。
職員室に入り、ドアを閉めた瞬間。

ガッツポーズ!!!

 まめ。: よっ・・・しゃぁっ!!!
  小町: 終わったんですか?
 まめ。: うん、終わった・・・一応。
  先生: じゃあ、そろそろ片付けようかな。
おっさん: おー。みんな帰ろーぜー。
 まめ。: ・・・よしっ。10分後には出るよっ!!!
  先生: おー!
  小町: わかりましたー。
おっさん: ・・・え?なに?なに?? どっか行くの?
 まめ。: うふふふふー。 カラオケ大会に。(笑)

一瞬の沈黙の後、おっさん。

おっさん: えー!? 今から行くの?
 まめ。: 行きますよ? もちろん。
  先生: このためだけに頑張ってきたんですよ。
  小町: そうそう。
おっさん: すげぇなー。体力あるなー。
 まめ。: んじゃ行くかっ♪

他にも先生がいたんだけど、それぞれの驚いた表情を後にして
晴れ晴れと某カラオケ屋さんへ行きました。
[PR]

by white-topaz | 2009-03-08 22:19 | 日常のこと | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://whitetopaz.exblog.jp/tb/10515990
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< カラオケ大会。 制裁。 >>